過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「第32回」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 199
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 199
クリア

合格者一覧へ
減塩に関する活動と、関連する概念の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
地域住民を対象とした減塩教室の実施 ----------------- PDCAサイクルのC( Check )
 2 . 
高血圧症患者に対する減塩の食事療法 ----------------- ポピュレーションアプローチ
 3 . 
一般家庭への減塩食品の普及 ------------------------- ハイリスクアプローチ
 4 . 
マスメディアを用いた減塩キャンペーン --------------- 一次予防
 5 . 
減塩指導の高血圧予防効果に関するメタアナリシス ----- インフォームド・コンセント
( 第32回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解は4です。

1.減塩教育の実施ーーーDo(実行)
PDCAサイクルとは、事業活動における管理業務を円滑に進めるための手法で、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の頭文字をとったものです。

2.減塩の食事療法の指導ーーーハイリスクアプローチ
ポピュレーションアプローチとは、個人のリスクの有無に関係なく、集団全体に病気の予防などの対策を行うことです。
(例:減塩食品のプロ―モーション販売、健康づくり教室、ウォーキングコースの整備)

3.一般家庭への減塩食品の普及ーーーポピュレーションアプローチ
ハイリスクアプローチとは、疾患を発症するリスクや重症化するリスクが高い人を発見して対策を講じることです。
(例:糖尿病予防教室、個別の栄養指導)

4.一次予防→病気になる前の段階で、生活習慣の改善、予防接種による疾病の発生予防
二次予防→疾病の早期発見、早期治療を行い疾病の重症化を予防
三次予防→保健指導やリハビリテーションなど、社会復帰の支援、疾病再発の予防

5.メタアナリシスとは複数の研究の結果と統合し、より高い見地から分析することです。
インフォームド・コンセントは対象者が、治療方針など十分理解した上で自由意思に基づき、合意することです。従って、メタアナリシスとインフォームド・コンセントは関連する概念の組み合わせではないです。


 
評価後のアイコン
2018/06/03 16:26
ID : nftyapjq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4
1.PCDAサイクルとはPlan(計画)、Do(実地)Check(評価)Act(改善)
減塩教室の「実地」なのでDo(実地)が当てはまります。

2.「高血圧患者」と疾病対象を絞り込んでいるので
ポピュレーションアプローチではなく、ハイリスクアプローチになります。

ポピュレーション:対象集団全体に対し、広くうすくリスク要因を除去し、疾病予防をはかります。

ハイリスクアプローチ:疾病リスクの高い人に対してリスク要因を除去し、疾病予防をはかります。

3.疾病の特定はなく、一般家庭という「集団」に働きかけているので、ポピュレーションアプローチに当てはまります。

4.一次予防:疾病・事故発現防止と健康増進
二次予防:早期発見・早期治療
三次予防:機能障害や能力低下の防止、社会復帰を目指したリハビリなど


5.メタアナリシスとは既に発表されている複数の研究の結果を統合し、統計学的に解析して結論を引き出す手法です。

インフォームドコンセントとは医療の現場において、医師から医療行為の説明、性質、危険性、利益などについて説明を受けた後、患者がその医療行為を自発的に受諾することです。

「5」では上記二つは関連性がないため、誤りとなります。
評価後のアイコン
2018/06/11 23:45
ID : wycpsawfs
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。