過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「第35回」の過去問を出題

問題

公害の発生地域と原因物質の組合せである。最も適当なのはどれか。1つ選べ。
   1 .
阿賀野川下流地域 ――― ヒ素
   2 .
神通川下流地域 ――― カドミウム
   3 .
四日市市臨海地域 ――― アスベスト
   4 .
宮崎県土呂久地区 ――― メチル水銀
   5 .
水俣湾沿岸地域 ――― 鉛
( 第35回 管理栄養士国家試験 午前の部 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正答は(2)

1.(誤)
阿賀野川下流地域で発生した、公害の原因物質は、メチル水銀であると言われています。
メチル水銀が含まれる工場排水が原因となり、第二水俣病と呼ばれる公害病を発症する人が多く確認されました。

2.(正)
神通川下流地域で発生した、公害の原因物質は、カドミウムであると言われています。
カドミウムが含まれる鉱山からの未処理水が原因となり、イタイイタイ病と呼ばれる公害病を発症する人が多く確認されました。

3.(誤)
四日市市臨海地域で発生した、公害の原因物質は、亜硫酸ガス(二酸化硫黄)であると言われています。
工場から大量に排出された亜硫酸ガスが原因となり、四日市喘息と呼ばれる公害病を発症する人が多く確認されました。

4.(誤)
宮崎県土呂久地区で発生した、公害の原因物質は、亜ヒ酸、亜硫酸ガス、重金属類であると言われています。
鉱山から排出された亜ヒ酸、亜硫酸ガス、重金属類が原因となり、慢性ヒ素中毒などの健康被害が多く確認されました。

5.(誤)
水俣湾沿岸地域で発生した、公害の原因物質は、メチル水銀であると言われています。
メチル水銀が含まれる工場排水が原因となり、水俣病と呼ばれる公害病を発症する人が多く確認されました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。