過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「食べ物と健康」の過去問をランダムに出題

問題

食事に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
   1 .
客をもてなす食事を、供応食という。
   2 .
日常食を、ハレの食事という。
   3 .
中国料理のスープを、点心という。
   4 .
家庭で調理して食べる食事を、中食という。
   5 .
立食形式のセルフサービスの食事を、正餐という。
( 第33回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
正解は【1】です。

1.客をもてなす食事を、供応食といいます。

2.日常食を、ケの食事といいます。祭りや祝い事、儀式の際に食べる食事を、ハレの食事といいます。

3.中国料理のスープを、湯(タン)といいます。

4.家庭で調理して食べる食事を、内食といいます。

5.立食形式のセルフサービスの食事を、ビュッフェといいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は 1 です。

1…文章の通りです。

2…日常食をケの食事といいます。日本では特別な日をハレの日、普段の日や通夜・告別式のある日をケの日と呼び、それぞれの日に喫食する食事のことをハレの食事・ケの食事といいます。

3…中国料理のスープは、湯菜(タンツァイ)といいます。点心とは、本来食事の間に出されるつなぎの役目をしたものでしたが、現在ではほとんどの場合、食後のデザートのことを指します。

4…家庭内で調理して食べる食事を内食といいます。一方、中食とは、内食と外食の中間にあり、市販の惣菜や弁当など家庭外で調理されたものを持ち帰り、家や職場で食べる食事ことを言います。

5…正餐とは、西洋料理の様式の中でも、正式な供応(客をもてなす)の際に用いられる食事のことです。立食形式のセルフサービスの食事は立食(ビュッフェ)といいます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は≪1≫です。

1 . 客をもてなす食事を、供応食といいます。

2 . 日常食を、ケの食事といいます。

3 . 中国料理のスープを、湯といいます。

4 . 家庭で調理して食べる食事を、内食といいます。

5 . 立食形式のセルフサービスの食事を、ビュッフェといいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。