過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「応用栄養学」の過去問をランダムに出題

問題

特殊環境と栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
   1 .
外部環境の影響を受けやすいのは、表面温度より中心温度である。
   2 .
WBGT(湿球黒球温度)が上昇したときは、水分摂取を控える。
   3 .
低温環境下では、皮膚の血流量が増加する。
   4 .
高圧環境から急激に減圧すると、体内の溶存ガスが気泡化する。
   5 .
低圧環境下では、肺胞内酸素分圧が上昇する。
( 第33回 管理栄養士国家試験 応用栄養学 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
正解は【4】です。

1.外部環境の影響を受けやすいのは、中心温度より表面温度です。

2.WBGT(湿球黒球温度)が上昇した時は、熱中症のリスクが高いのでこまめに水分を摂取します。

3.低温環境下では、皮膚の血流量が減少します。

4.高圧環境から急激に減圧すると、体内の溶存ガスが気泡化します。これにより減圧症となります。

5.低圧環境下では、肺胞内酸素分圧が低下します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は 4 です。

1…外部環境の影響を受けやすいのは表面温度です。

2…WBGTの値が高くなるほど熱中症のリスクが高くなります。そのため、WBGTが上昇したときは水分補給を積極的にします。

3…低温環境下では、皮膚の血管が収縮するため、皮膚の血流量は減少します。

4…高圧環境から急激に減圧すると、血液中の不活性ガス(主に窒素)が血管内で気化し、血管を詰まらせる場合があります。そのため、減圧を徐々に行うことで予防をします。

5…低圧環境下では肺胞内酸素分圧が減少し、酸素欠乏の状態となります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は≪4≫です。

1 . 外部環境の影響を受けやすいのは、中心温度より表面温度です。

2 . WBGT(湿球黒球温度)が上昇したときは、水分を十分に摂取します。

3 . 低温環境下では、皮膚の血流量が減少します。

4 . 高圧環境から急激に減圧すると、体内の溶存ガスが気泡化します。

5 . 低圧環境下では、肺胞内酸素分圧が低下します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。