過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「栄養教育論」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 119問 正解) 全問正解まであと119問
離乳食づくりに悩む母親への支援を目的とした、保育所におけるピア・エデュケーションである。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
保育所の離乳食を試食してもらう。
 2 . 
保育所のホームページに相談コーナーを設け、年長クラスの母親に対応してもらう。
 3 . 
給食だよりで、離乳食のメニューを紹介する。
 4 . 
管理栄養士が、離乳食の調理実習講習会を行う。
 5 . 
栄養の専門家を招いて、自分の離乳食づくりの体験も交えた話をしてもらう。
( 第31回 管理栄養士国家試験 栄養教育論 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
ピア・エデュケーションとは、同世代の仲間が相談役となり、悩みの解決を目指す取り組みをさします。

1. 保育所の離乳食を試食してもらうだけでは、悩みの解決は難しいです。

2. 正解です。年長クラスの母親という、同世代の人に相談することで悩みの解決を図ることができます。

3. 一方的に離乳食メニューを紹介するだけでは、悩みの解決は難しいです。

4. 管理栄養士は、同世代の仲間とは言えません。

5. 栄養の専門家は、同世代の仲間とは言えません。
評価後のアイコン
2017/09/21 14:01
ID : gkjfrjgd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
ピア・エデュケーションとは、専門家などではなく、教育を受ける人にとって身近な人や信頼できる人が教育を行うことで、課題解決のための能力を自身で身につけていく教育手法です。

①専門家の介入なのであてはまりません。

②年長クラスの母親が対応する方法なので、ピア・エデュケーションにあてはまります。

③専門家の介入なのであてはまりません。

④専門家の介入なのであてはまりません。

⑤専門家の介入なのであてはまりません。
評価後のアイコン
2017/09/03 13:08
ID : ptbkgpwsmc
評価する
0
評価しない
ピア・エデュケーションとは参加者にとって身近で信頼感のある仲間を教育者とした教育です。

1. ピアエデュケーションとは言えません。

2. 年長クラスの母親という身近な存在を教育者としたピアエデュケーションです。

3. ピアエデュケーションとは言えません。

4. 管理栄養士は身近な仲間とは言えません。

5. 栄養の専門家は身近な仲間とは言えません。
評価後のアイコン
2017/08/20 11:44
ID : maosadzao
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。