過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「栄養教育論」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 134問 正解) 全問正解まであと134問
個人の健康行動に作用する要因を生態学的モデルで捉えると、個人内、個人間、組織、地域、政策といった多層のレベルがある。大学生対象の適正飲酒の取組と、生態学的モデルの各レベルの組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
学生が、サークルの先輩から適度な飲酒量の話を聞いた。 -−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 個人内レベル
 2 . 
学生が、配布された急性アルコール中毒に関するパンフレットを読んだ。−−−−−−−−− 個人間レベル
 3 . 
入学式の季節に、全学部で急性アルコール中毒防止のガイダンスを行った。−−−−−−− 組織レベル
 4 . 
大学構内での飲酒が、学則により全面的に禁止された。 -−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地域レベル
 5 . 
大学周辺の飲食店が、急性アルコール中毒防止のポスター掲示に協力した。 −−−−− 政策レベル
( 第32回 管理栄養士国家試験 栄養教育論 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。