過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「臨床栄養学」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 264問 正解) 全問正解まであと264問
褥瘡に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
評価法には、DESIGN RⓇがある。
 2 . 
肩甲骨部は、好発部位である。
 3 . 
十分なエネルギー摂取が、必要である。
 4 . 
滲出液がみられる時には、水分制限を行う。
 5 . 
予防には、除圧管理が有効である。
( 第32回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解:「4」

1:評価法には、DESIGN RⓇがあります。重症度や経過を評価します。
その他にも深達度評価に用いるNPUAP分類も知られています。

2:褥瘡は皮下脂肪組織が少なく骨が突出している部位に発生しやすいとされています。肩甲部の他、後頭部、肘頭部、仙骨部、坐骨部等にできやすいです。

3:低栄養は褥瘡発生における重要な危険因子のひとつです。
炎症期・滲出期には特に十分なエネルギーとたんぱく質の摂取が必要となります。

4:正解です。
脱水は褥瘡を悪化させる要因となり得るため、25~35ml/体重kg/日の最低水分量を確保し、調整を行います。

5:同じ部位に体圧が長時間かかることにより虚血状態となって起こるため、体位交換等の除圧管理は効果的です。
評価後のアイコン
2018/10/14 16:31
ID : tfbtbxdf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は【4】です。

1.(正)評価法には、DESIGN RⓇがあります。
DESIGN RⓇとは、日本褥瘡学会によって作られた評価法です。

2.(正)肩甲骨部や後頭部、尾骨部、腸骨部、肘頭部など身体の出っ張っていたり、寝ている時に圧がかかりやすいところが好発部位といわれています。

3.(正)エネルギーが不足すると褥瘡が悪化します。
褥瘡部からたんぱく質や水分の喪失が認められるため十分にエネルギーを摂取することが必要になります。

4.(誤)脱水になると、褥瘡悪化の原因となるため、水分はこまめに摂取する必要があります。

5.(正)同じ部位が長時間圧がかからないよう、定期的に体位を変え、耐圧を分散させることが褥瘡予防に有効です。
評価後のアイコン
2018/09/30 13:16
ID : nftyapjq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。