過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「公衆栄養学」の過去問をランダムに出題

問題

地域における生活習慣病に対するハイリスクアプローチである。
正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
スーパーマーケットにおける減塩キャンペーンの実施
 2 . 
広報紙による情報提供
 3 . 
市民公開講座の開催
 4 . 
特定保健指導における積極的支援
 5 . 
公共施設におけるポスターの掲示
( 第33回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学 )

この過去問の解説(4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は【4】です。

生活習慣病に対するハイリスクアプローチなので、特定保健指導において個別に積極的支援を行う必要性がみられます。

1.2.3.5.の選択肢では、病気・疾病の予防や意識改善のためのアプローチとして効果が得られやすいと考えます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1 . スーパーマーケットにおける減塩キャンペーンの実施はポピュレーションアプローチになります。
ポピュレーションアプローチとは、リスクの有無に関わらずに集団に働きかけ、集団全体がリスクを軽減したり病気を予防したりできるようにするものです。

2 . 広報紙による情報提供はポピュレーションアプローチです。

3 . 市民公開講座の開催はポピュレーションアプローチです。

4 . 特定保健指導における積極的支援はハイリスクアプローチになります。ハイリスクアプローチとは、リスクを持っている人をスクリーニングし、ハイリスクの人に働きかけ病気を予防する活動のことです。
特定保健指導を受けるということは、特定健康診査でメタボリックシンドローム(リスク保有者)と診断されているので、この場合はハイリスクアプローチとなります。

5 . 公共施設におけるポスターの掲示はポピュレーションアプローチです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正しいのは【4】です。

1.✖ スーパーマーケットにおける減塩キャンペーンの実施 は、ポピュレーションアプローチです。

2.✖ 広報紙による情報提供は、ポピュレーションアプローチです。

3.✖ 市民公開講座の開催は、ポピュレーションアプローチです。

4.〇 特定保健指導における積極的支援は、生活習慣病に対するハイリスクアプローチです。

5.✖ 公共施設におけるポスターの掲示は、ポピュレーションアプローチです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

ここではハイリスクアプローチがどれかを問われているので、疾病発生リスクの高い者に対象を絞り込んだアプローチを選ばなくてはいけません。


1 . 2 . 3 . 5 はどれも疾病発生リスクが高い者に対象を絞れていないので適しません。

4 . 特定保健指導における積極的支援はハイリスクアプローチです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。