過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「公衆栄養学」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 155問 正解) 全問正解まであと155問
A市保健センターでは、高齢者の自立と社会参加を目的に、男性料理教室を計画している。プログラムの運営方法として最も適切なのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
メニューづくりは、全期間を通して管理栄養士が行う。
 2 . 
使用する食材は、手に入りにくい、珍しい食材を使う。
 3 . 
食事づくりに必要な知識に関する講義時間を多くする。
 4 . 
他者との交流促進のための会食会を計画に入れる。
( 第31回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
1. 高齢者の自立と社会参加を目的としているので、全期間を通して管理栄養士がメニューを作ってしまっては自立を促すことができません。

2. 手に入りやすい食材を使った方が、自立を促すことができます。

3. 講義よりも調理など実戦的実習の時間を多く設けた方が、自立に効果的といえます。

4. 正解です。会食会を実施することで、他者との交流がうまれ、社会参加することができます。
評価後のアイコン
2018/01/04 14:01
ID : gkjfrjgd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1:対象者にメニューを考える力をつけてもらうことも必要です。

2:食材は手に入りやすく身近なものを使うことで実践に繋がります。

3:料理教室ではより実践的な時間を多くする方が適切です。

正解4:社会参加という目的のためにも、また情報共有などの機会を作るためにも他者との交流促進は効果的です。
評価後のアイコン
2017/08/25 11:57
ID : xwsjpjkhur
評価する
-1
評価しない
1.× メニューづくりは、参加者を主体として進めます。

2.× 食材は、高齢者でも手に入れやすく馴染みのある食材を使用したほうが、今後の生活でも実践しやすくなります。

3.× 料理教室において食事作りに必要な知識は、講義時間を多くするよりも、料理を作りながら身に付けてもらえるようにします。

4.〇 問題文の通りです。
料理をつくるだけではなく、他の参加者とのコミュニケーションをとることも大切です。
評価後のアイコン
2017/09/01 16:19
ID : rxoukfcnj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。