過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「給食経営管理論」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 179問 正解) 全問正解まであと179問
調理従事者の初期教育訓練の内容である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
人事考課の方法
 2 . 
HACCPに基づく品温測定の方法
 3 . 
リーダーシップを発揮する方法
 4 . 
給食施設の経営理念の立案方法
 5 . 
部下の指導方法
( 第32回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解は「2」

1.(誤)調理従事者が、人事考課を最初から行うことは少ないため、あてはまりません

2.(正)HACCPに基づく品温測定とは、調理工程のどの段階で、どのような原因で食中毒が発生するかを理解することです。
大量調理における、衛生管理の基本となることなので、初期教育訓練の内容としてあてはまります。

3.(誤)リーダーシップを発揮するのは、配属後、しばらく経ってからとなるので、初期訓練の内容としてはあてはまりません。

4.(誤)給食施設の経営理念の立案方法は、経営者の訓練内容となります。

5.(誤)部下の指導方法は、上司の訓練方法であり、初期教育訓練の内容としてはあてはまりません。
評価後のアイコン
2018/11/30 11:19
ID : mzwnjetst
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正答は(2)。

(1) 調理従事者が人事考課を行うことは少ないため、初期教育で用いる内容ではありません。

(2) 衛生管理の基礎として業務に必要な基本的な技能・知識に当てはまるため正しいです。

(3) まずは基本的な技能・知識の取得が優先であり、初期教育に用いる内容ではありません。

(4) 経営理念の立案方法は調理従事者ではなく経営者に必要な内容です。

(5) 部下の指導方法は教育者である上司に必要な技術であり、初期教育の内容ではありません。
評価後のアイコン
2018/10/02 13:36
ID : pvtmjwqq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。