過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「午前の部」の過去問をランダムに出題

問題

特殊環境下での生理的変化に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。
   1 .
高温環境下では、皮膚血管は収縮する。
   2 .
低温環境下では、ビタミンB1の必要量が減少する。
   3 .
低温環境下では、血圧は低下する。
   4 .
低圧環境下では、動脈血の酸素分圧は低下する。
   5 .
無重力環境下では、尿中カルシウム排泄量が減少する。
( 第34回 管理栄養士国家試験 午前の部 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
1.高温環境下では、体温維持のため熱産生の抑制と放熱の促進が行われます。放熱の主な方法として、皮膚血管の拡張、血流増加、皮膚音の上昇、発汗などが挙げられます。


2.3.低温環境下では、体温維持のため熱産生が増加し、エネルギー代謝が亢進します。エネルギー代謝が亢進するため、ビタミンB1の必要量は増加します。また放熱の抑制のため、特に末端の血管が収縮し血圧は上昇します。


4.正解です。低圧環境下では、空気中の酸素が少ないため動脈血の酸素分圧は低下します。これに対応するために、血中ヘモグロビン値の上昇や呼吸量の増加が行われます。


5.無重力環境下では、骨にかかる負荷が減るため骨量が減少します。骨から溶け出したカルシウムは尿中へ排泄されるため、尿中カルシウム排泄量は増加します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は 4 です

1:誤
高温環境下では熱産生の低下や発汗によって、放熱を促進します。
皮膚血管は拡張します。

2:誤
低温環境下では体温を維持するために
熱産生が増加して基礎代謝が上がります。
エネルギー代謝亢進のためビタミンB1の必要量も増加します。

3:誤
低温環境下では血管が収縮して血圧が上昇します。

4:正
低圧環境下は酸素が少ない環境のため赤血球の増加がみられます。
動脈血の酸素分圧は低下します。

5:誤
無重力空間では筋肉の萎縮や骨量の減少、循環血液量の減少が起こります。
骨に重力がかからない状態になるため、カルシウムやリンが骨から出されて
骨密度が低下します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。