過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の記述のうち適切なものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
がんの身体的疼痛は制御が困難で、点滴による麻薬の投与が欠かせない。
 2 . 
在宅で人工呼吸器を利用する場合、災害等による停電に備えて、予備バッテリーの確保や必要な連絡体制を確認する。
 3 . 
在宅酸素療法では、引火のおそれがあるため、火気から2m以上離すことや禁煙することが必要である。
 4 . 
完全皮下埋め込み式のポート型の在宅中心静脈栄養では、感染のおそれがない。
 5 . 
経管栄養では、栄養剤は腸管ですべて吸収されるために排便はなくなる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
7

1:疼痛の制御方法にはいくつかあります。経口摂取の薬や座薬などがその例です。

4:中心静脈栄養ではルート刺入部における感染がおきやすいのが欠点です。清潔を心がけることが非常に重要です。

5:経管栄養でも排便はあります。
便秘や下痢などに注意が必要です。

2015/06/09 07:37
ID : anaohrzq
7

1:正しくない
がんの身体的疼痛は、点滴だけではなく様々なアプローチ方法がある。
2:正しい
設問の通り
3:正しい
設問の通り
4:正しくない
在宅中心静脈栄養は、感染のリスクもあるため、注意深く管理・観察することが大切である。
5:正しくない
経管栄養であっても排泄は行なわれる。

2014/08/10 10:52
ID : vyzxvrru
4

正解は2、3
1.身体的疼痛はある程度制御ができる。麻薬以外にも方法はある。
4.埋め込み式でも感染には注意が必要。
5.経管栄養を行っていても排便は見られる。

2014/10/12 22:13
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。