過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険における住宅改修について正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
住宅改修費の給付方法は、被保険者が事業者に改修工事の費用を支払った後に、市町村から被保険者に支給される償還払いである。
 2 . 
昇降機等動力により段差を解消する機器に係る工事の費用は、住宅改修費の支給の対象になる。
 3 . 
スロープ設置は、取付工事の有無にかかわらず、住宅改修費の支給の対象になる。
 4 . 
要介護2から要介護4に重度化した場合には、再度、住宅改修費を受給できる。
 5 . 
転居前に住宅改修費の支給を受けていた場合でも、転居後の住宅について住宅改修費を受給できる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
31

2:昇降機等動力により段差を解消する機器に係る工事の費用は住宅改修の対象にはなりません。一部の段差昇降機についてはレンタルの対象になります。

3:取り外しが可能なタイプのスロープは住宅改修ではなく、レンタルになります。

4:要介護状態区分が「3段階」以上あがった場合に、例外的に改めて支給限度基準額20万円分の住宅改修費が受けられます。

2015/05/17 11:55
ID : anaohrzq
9

2 段差を解消するための昇降機等動力による機器の設置に伴う工事の費用は、住宅改修費の支給の対象となりません。

4 要介護区分が3段階上がった場合には、再度、住宅改修費を受給できます。

2015/04/23 19:08
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。