介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

居宅療養管理指導

在宅で療養するにあたり、利用者さんや介護するご家族はどんなことに不安を感じるでしょうか。障害や健康に不安をもっていたらなおさら心配事は多くあるでしょう。居宅療養管理指導とは、通院が困難な利用者の方のご自宅に医師や看護師などが定期的に訪問し、アドバイスや指導をしてくれる介護サービスのことです。

具体的にはどんなサービスなの?〜業種によるサービス内容〜

通院が困難な利用者さんに対して医師や歯科医師が訪問して、健康状態や口腔内の状態を管理指導します。

介護するにあたっての留意点や、指導も行われます。

医師や歯科医師の指導のもと、利用者さんにお薬についての指導やアドバイスをします。

特別食を必要とする利用者さんに対して、栄養管理や献立などの指導やアドバイスをします。

歯科衛生士・保健婦・保健師または看護職員が訪問し、療養上必要な口腔内の衛生管理や清掃・有床義歯の清掃などを実施・指導します。

どんな方でもサービスが受けられるの?

要介護1~5に認定された方で、ご自分では通院することが困難であり医師や歯科医師がその必要性を認めたかたが対象となります。

要支援1・2の方で必要な方は、「 介護予防居宅療養管理指導 」となります。

居宅療養管理指導とは、在宅で安心して暮らすための介護サービスです。

往診・訪問診療・居宅管理指導…同じイメージだけど、何がちがうの?

往診とは、在宅で生活している方が急に体調が悪くなったときなどに、医師を緊急的もしくは臨時的に自宅に呼んで診てもらうことです。

計画的なものではありません。

訪問診療は体調の悪化の有無にかかわらず、定期的かつ計画的に診察に自宅に来てもらうものです。

往診と訪問診療は、医療保険が適用されます。

居宅療養管理指導は訪問診療とよく似ていて、同じように計画的に医師などが自宅に訪問します。

居宅療養管理指導の訪問の目的は「 療養上の管理や指導、アドバイス 」とされています。

医療行為は、「 訪問診療 」と線引きがされています。

また居宅療養管理指導は、介護保険の適用になります。

居宅療養管理指導のおさえるべきポイント

居宅療養管理指導は介護保険サービスであり、要介護( 要支援 )認定が必須となります。

医師     月2回
歯科医師   月2回
薬剤師    月2回( 医療機関所属 )月4回( 局所属 )
管理栄養士  月2回
歯科衛生士  月4回
看護師・保健師 2回( 6か月間 )

支給限度額を超えると、通常それ以上のサービスは全額自己負担となってしまいます。

居宅療養管理指導は介護保険の支給限度の枠外であるため、他のサービスを利用して限度額いっぱいになっていたとしても、居宅療養管理指導は1~2割負担で利用できます。

メリット・・・通院が困難な方にとって、通院する必要がないため体に負担がかからない
デメリット・・・医師や歯科医師の指示が必要であること

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。