介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング

パーソン・センタード・ケア(PCC)もしくは認知症ケアマッピング(DCM)という言葉を聞いたことがありますか?これは認知症の方へのケアの考え方のひとつですが、この言葉を勉強することで認知症の方を介護したり支援したりしていく中で、自分達がどう関わっていくのかを考えることができると思います。

パーソン・センタード・ケアってなに?

パーソン・センタード・ケアとは、英国のキットウットという人が提唱した

認知症の方をひとりの人として尊重して、その方の視点や立場になってその人を理解してケアを行う

という ”認知症ケア”の考え方です。

最近ではこの考え方が日本の認知症介護の現場でも広まってきています。

従来の介護の現場では、認知症だから言っても理解できないだろうという思い、介護現場の雰囲気、忙しさ、現場の安全管理の必要性などの要因により

”ひとりの人”としてよりも”認知症の患者さん”として見てしまう

結果、ケアを提供する側の一方的なスケジュール管理( 食事・排せつ・清潔 )が行われがちになり、その押し付けが認知症の方の混乱を招きBPSD( 行動・心理状況 )や状況を悪化させているとキットウットは指摘しています。

その人の病気・性格・生活歴や健康状態・人間関係を考え、ひとりの人として個性として考えケアすることで認知症の症状は改善していくと彼は考えたのです。

認知症の人がもつ心理的ニーズ

キットウットは、認知症の人がもつ潜在的な心理的ニーズを花の図で表しています。

ひとりの人間としての「愛」を中心とし、

の五枚の花弁がある図です。

これらの心理的ニーズは、認知症の方にとって自分で達成することが難しく、安心して穏やかな日々を過ごしてもらうためには他者の積極的な関わりが必要となってくるのです。

認知症ケアマッピングとは?

このパーソン・センタード・ケアの考え方を実際の介護現場で行うための方法論が、認知症ケアマッピング( DCM )です。

具体的には、研修を受けた記録者が5分おきにケアされる人を6時間観察します。

どんな時にどのような行動をしていているか、下記のことなどを記録していくのです。

どのような行動をしているか

あらゆる行為をアルファベッドで記録していきます。

例えば「 歩く=K 」「 話す=A 」「 食べる=F 」というようにです。

介護する側から見れば一見危険行為をしているように思えても、その人の職歴や生活歴を考えると「 仕事に類する行為=V 」となる場合もあります。


良い状態か良くない状態か

「 極めて良い状態 」から「 極めて良くない状態 」まで6段階( +5.+3.+1.-1.-3.-5 )で数値化して評価していきます。

これらの評価を行うとき、介護者から見た客観的な評価ではなく「 その人自身がどのような気持ちでいるか 」で判断します。

不可解な行動をしているように見えても、その人が満足そうにしていれば評価点数は高くなります。


本人とケアスタッフの関わりはどうか

介護者と本人がどう関わっているのかを評価します。

「 個人の価値を高める行為 」「 個人の価値をおとしめる行為 」を観察し記録していきますが、これは介護する側を批判したり評価したりするものではありません。

それらの行為がどのような影響があるのかを知り、よりよいケアへと結びつけるためのものです。

得られた評価からその人らしさを知り、隠れたニーズの発見にも繋げていきます。

関わりあるスタッフ間や家族でその情報を共有しながらケアの方法を考え、認知症ケアの質の向上を図っていくことができるのです。

実践できるように心がけが必要

パーソンセンタードケアの理念や、その評価方法である認知症ケアマッピングについてお話しました。

「 ひとりひとりとして考えるなんて当たり前 」と感じる方は多いでしょう。

その一方で「 実際の介護現場では、そうも言っていられない 」「 もちろん分かっているしそうしたいけど、利用者の方には安全第一にいてもらいたい 」というような声もあるでしょう。

100%この考え方に基づいたケアを提供することは、介護士不足が叫ばれる日本の介護の現場では難しいかもしれません。

こういう考えがあること、認知症ケアに対しての知識があることは、介護の現場において必要なのです。

より良い認知症ケアを提供するために、心がけておいてもらいたいと思います。

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。