介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

訪問サービス

介護保険のサービスで「訪問サービス」にはどのようなものがあるでしょうか。ヘルパーさん利用の訪問介護以外にもいろいろあるんです。

まず、訪問サービスとは。

介護保険で受けられる介護サービスは、大きく「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の三つに分けられます。

訪問サービスとは、介護保険の「居宅サービス」と「地域密着型サービス」の中で、自宅に訪問してもらって受けるサービスのことを言います。

具体的に、訪問サービスにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

この中では、夜間対応型訪問介護だけが「地域密着型サービス」になり、その他はすべて「居宅サービス」になります。

では、具体的に訪問サービスについて見ていきましょう。

訪問サービスあれこれ

・訪問介護

受けられるサービスとして、「身体介護」・「生活援助」・「通院等乗降介助」があります。(なお、通院等乗降介助は「要介護1以上の人」しか利用できません。)

「身体介護」・・・入浴・排泄の介助、着替え・食事の介助などといった、直接身体に触れて行う介護のことです。生活援助よりも利用料金は高く設定されています。

「生活援助」・・・食事の準備(調理・配膳)、洗濯、掃除、買い物代行など。
被介護者が一人暮らしであったり、家族や本人が何らかの理由で家事などを行うことができない場合に援助します。

「通院等乗降介助」・・・いわゆる介護タクシーと呼ばれていますね。通院等で「自宅から目的地」「目的地から自宅まで」を訪問介護員の資格を持つ運転手が送迎・介助をしてくれるサービスです。
なお、介護保険が適用できる介護タクシーと、適用できない介護タクシーがありますので注意が必要です。また、どちらの場合においても、「運賃」は介護保険の対象ではありません。
具体的にどのような場合に介護保険適用になるのかということですが、以下のような場合です。


・訪問入浴介護

自宅に専門のスタッフ(看護師と介護職員)が訪問して、持参した専用の浴槽で入浴・洗髪等の介助を行います。

利用料は他の訪問サービスに比べると高いですが、自宅での入浴が困難な人にとっては、脱衣から入浴後のバイタルチェックまでしてもらえるので、とてもありがたいですよね。


・訪問看護

看護師や保健師など医療の専門スタッフが自宅に訪問し、主治医の指示に従って医療的なケアや介護を行います。

医療的なケアの具体的な例には、次のようなものがあります。

実は、訪問看護では「リハビリや入浴・排泄・食事など本人の介助」もやってもらうことができます。ご存知でしたか?
内容的には先にお話しした「訪問介護」、この後お話しする「訪問リハビリ」のサービスと同じなのですが、訪問看護はやはり医療的なケアが主流というのが実情で、なかなか知られていないのではないかと思います。

また、訪問看護は介護保険と医療保険どちらにもあるサービスです。
原則併用はできず介護保険優先ですが、場合によっては併用できたり、先に医療保険を適用したりする場合があるので、注意が必要です。


・訪問リハビリテーション

専門のスタッフ(理学療法士や作業療法士等)が利用者の居宅を訪問し、利用者の心身機能の維持回復および日常生活の自立を助けるために、理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを医師の指示に基づいて行うサービスです。

先ほども述べましたが、「訪問看護」のサービスでも同じサービスを行うことができます。
また、ここでは省略しますが、類似したサービスに「通所リハビリテーション」があります。これは、介護施設に通所してリハビリを行うというものです。


・居宅療養管理指導

通院が困難な利用者の自宅に医師・歯科医師・歯科衛生士・看護師・薬剤師・管理栄養士などの専門のスタッフが訪問して、療養上の管理や指導を行うサービスです。(要介護1以上の人しか利用できません。)

具体的な内容としては次のようなものがあります。

なお、居宅療養管理指導は介護保険適用サービスではありますが、介護保険の利用限度額の「適用外」になります。


・定期巡回・随時対応型訪問介護看護

日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が一体的に「定期巡回」と「随時訪問・対応」を行います。(要介護1以上の人しか利用できません。)

1つの事業所で訪問介護と訪問看護を一体的に提供する「一体型」と、訪問介護を行う事業者が地域の訪問看護事業所と連携をしてサービスを提供する「連携型」があります。
必要なタイミングで必要な量・内容のケアを提供することができます。画期的なサービスですよね!
ただ、対応している事業所はまだまだ少ないのが実情でしょうか。


・夜間対応型訪問介護(地域密着型サービス)

夜間の定期的な巡回・随時の訪問による訪問介護や対応を行います。(要介護1以上の人しか利用できません。)

以下が具体的なサービス内容です。

もう少し詳しく書きますね。

定期巡回サービス・・・定期的に利用者の居宅を巡回して、おおむね30分程度の介護・介助を行う。

オペレーションセンターサービス・・・事業者負担でケアコール等を設置し、利用者からの通報を受け、訪問介護員等の訪問の要否等を判断する。

随時訪問サービス・・・緊急時など随時の連絡に対応して介護・介助を行う。

最後に。

訪問サービスといっても、さまざまな種類のサービスがありましたね。
今回お話ししたのは「訪問サービス」であって、介護保険のサービスには通所サービス等、他にもたくさんあります。
このようなサービスを利用者様の状態に合わせてケアマネジメントしていくのは非常に大変な作業ですが、知識を深めていきながら利用者様のためにがんばっていきましょう。

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。