介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護保険でレンタルできるもの

介護保険を利用してレンタルできるものにはどのようなものがあるのでしょうか。確認していきましょう。

「福祉用具貸与」といいます

買うにはちょっと高すぎる・・・、毎回買うのは大変・・・、こんな時にはレンタルすることができます。

介護保険のサービス上での名称は、「福祉用具貸与」といいます。

「介護認定を受けている人」であれば、誰でも利用することができます。

ただし、あとで説明しますが、軽度者(要支援1・2、要介護1)等、レンタルできるものに制限がある場合があるので注意が必要です。

どのようなものがレンタルできるのでしょうか?

ここからは、具体的にどのようなものがレンタルできるのか見ていきましょう。

では、用具ごとに簡単に説明していきますね。


車椅子

自走用車椅子
介助用車椅子
普通型電動車椅子


車椅子付属品

クッション・車椅子用テーブル・電動補助装置など、車椅子と一体的に使用されるもの。


特殊寝台

背の角度・ベッドの高さを調整できるもの。


特殊寝台付属品

サイドレール・マットレス・介助バー・介助用ベルトなど、特殊寝台と一体的に使用されるもの。


床ずれ防止用具

エアーマット・ウレタンマットなど。


体位変換器

空気パッド等で要介護者の体位を容易に変換できるもの。


手すり

取り付けに工事不要なもの。


スロープ

段差解消のためのもので、取り付けに工事不要なもの。


歩行器

歩行が困難な人の、歩行機能を補う機能を有し、移動時に体重を支える構造を有するもの。


歩行補助つえ

松葉杖・ロフストランド杖・多点杖など。


認知症老人徘徊感知機器

要介護者等が屋外へ出ようとしたときなど、センサーにより感知し、家族及び隣人へ通報するもの。


移動用リフト

床走行式・固定式・据置式で、身体を吊り上げ又は体重を支える構造を有するものであって、自力で移動が困難な者の移動を補助する機能を有するもの。ただし、取り付けに住宅の改修を伴うものを除く。


自動排泄処理装置

尿又は便が自動的に吸引されるものであり、かつ、尿や便の経路となる部分を分割することが可能な構造を有するもの。

p719144615053528151114.jpg

軽度者の福祉用具貸与について

レンタルできる福祉用具、たくさんの種類がありましたね。

初めに少し触れましたが、要介護認定を受けている人が全員この福祉用具をレンタルできるかというと、そうではないのです。

①軽度者(要支援1・要支援2・要介護1)は原則、以下のものはレンタルできません。

②要介護3以下の人は、原則、以下のものはレンタルできません。

上記のような場合、原則レンタルはできないのですが、身体的な状況によっては必要な場合がありますよね。当然、介護度だけで決定されては困る場合もあります。
そんな人たちのために、申請によっては許可される場合があるのです。最後に、これについてお話しします。

例外給付とは

上記の場合、「例外給付」と言って、例外的にレンタルが認められる場合があります。決定に至るまでに様々な手続きがありますので、注意しておきましょう。

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。