介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

担当者会議を開催します。

担当者会議は「サービスの導入時・介護保険の更新時」に必ず開催しなければならないという決まりがあります。

ケアマネージャーが司会進行します。

介護サービス事業所の選定やケアプランが出来上がったら、本人やご家族を含め各事業所の人にも集まってもらい担当者会議を開催します。

司会進行というと緊張しますが、ケアマネージャーとしては色々な人の意見や提案が聞ける場として気持ちを楽にして始めましょう。

初回の担当者会議

初回は利用者さんの状況や希望、注意点などの説明をしたり、ケアプランを配りサービスについての確認を取ります。情報を共有することで一丸となりサービスが提供できるようになります。

更新時の担当者会議

介護サービスを始めてからの成果について、何がよかったか足りなかったか、こんな風にしてはどうかという提案が上がることもあります。更新時はサービスのモニタリングがはっきりしているため、多くの意見をもらえる事が増えます。

本人や家族がケアプランに納得したら

担当者会議で本人、家族、サービス事業者にケアプランの理解を得る事ができたら、必ず署名捺印をもらいます。
そしてこのケアプランを配布し、事業者にはケアマネが発行した受け取り書に署名捺印してもらいます。

さあ、本当の意味で介護サービスがいよいよ開始されます。

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。