介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネージャーは連携が大事

情報が命のケアマネージャーは、色々な人と連携を取ることが大切です。

情報は見逃さないように

「利用者さんのちょっとした変化を見逃さない事」が病気の早期発見、早期治療に役立ちます。

家族との連携はもちろん、独居の方は近隣の方が気にかけてくださることもあるので、近隣の方がよく来ているからといって冷たくあしらわず、笑顔で対応します。
もちろんこちらから個人情報をお話しする事は出来ませんが聞くことは出来ます。

ささいな変化が大きな事故につながる事があるので、常にアンテナを張り、情報を受け取れるよう心がけておく事が大切です。

医療との連携が大事

利用者さんの多くは医療のお世話になっています。
病状の変化をしっかりと把握するため、医療との連携は欠かせません。

医療との連携は一方通行ではありません。

利用者さんの状況には日々変化があります。
ケアマネージャーが感じる異変だけでなく、事業所からの指摘に関しても医療に繋げ、治療に活かしたり指示を仰いだりします。

関わる人全てが医療の情報を欲しています。

各種介護サービス内で決まりがありますが、人によっては細かく注意する必要がある方も多いです。

例えば、

このような質問がたくさん来ます。

事業者は利用者さんを安全にお預かりするためにたくさんの情報を欲しています。
そのためには、的確な情報を伝えるため受診に同行したり問い合わせをしたりして、小さな疑問をそのままにしておかない事が大切です。

事業所との連携が大事

利用者さんには各種事業者が関わっています。連携を取ることで良い介護を提供することができます。

事業者からの連絡が一番の情報

といった身体状態の変化は、サービス事業者が最も見つけやすく正確に報告をくれます。

また利用者がケアマネージャーに話してくれないような事も普段お世話をしてくれる事業者さんには気軽に話す事ができるようで虐待の報告なども事業者から耳に入ることが多くあります。

各事業者などの関係者とは常に密に連携を取って仲良くしておくことが情報の共有にはとても役に立ちます。

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。