介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

包括的支援事業について

包括的支援事業とは地域のケアマネジメントを総合的に行うために、介護予防ケアマネジメント、総合相談や支援、権利擁護事業、ケアマネジメント支援を実践する事業のことです。どのような事業があるのか確認していきます。

包括的支援事業のサービスを実施する機関・目的とは

包括的支援事業は市町村から一括して委託を受けて地域包括支援センターが実施しています。
*「保健師」
*「主任介護支援専門員」
*「社会福祉士」
3つの専門職種が、業務に遂行します。


*介護予防ケアマネジメント
*包括的支援事業の総合相談や支援
*包括的支援事業の権利擁護
*包括的支援事業のケアマネジメント支援

介護予防ケアマネジメント

介護予防ケアマネジメントは市町村によって行われた基本チェックによって二次予防事業の対象者となった人が、さらに要介護状態などになることを予防することが目的です。

介護予防事業そのほかの適切な事業が包括的に効率的に実施されるよう必要な支援を行います。
対象者の心身の状況や環境や、その他の状況を確認し、介護予防事業やその他の状況に応じて対象者自身が選択してケアマネジメントを利用することが原則となります。

対象の高齢者が具体的な日常生活上の目標をはっきりさせることができ、目標に向かって対象者や家族、事業の実施事業所担当者の間で目標について共有することで、対象者自身の意欲を引き出して取り組みを行えるように支援します。

包括的支援事業の総合相談や支援

地域におけるネットワークの構築や実態把握をし、対象者が介護保険制度のサービスだけにとどまることなく様々なサービスをいろいろな形で利用することが出来るよう援助を行うサービスです。

高齢者が安心して日常生活を続けられるためにも、介護保険サービスだけでなく、様々なサービスを活用した支援が必要になります。

社会資源を活用する上では、関係機関のネットワークを活かしながら、対象者の総合相談・支援へ当たります

包括的支援事業の権利擁護

成年後見制度の活用を促進したり、老人福祉施設などへの措置などの業務を通じて、高齢者が持つ人権や尊厳を守ることを目的とします。

日常生活で起こる虐待や身体拘束など、自分自身では解決することの困難な辞令への対応に当たったり、悪質商法に注意するような広報活動を行い、権利を擁護に取り組んでいます。

包括的支援事業のケアマネジメント支援

ケアマネージャーの技術向上や日常的な個別的な指導を通し、ケアマネージャーを支援します。

*高齢者が住みなれた地域で暮らし続けることが出来るよう、高齢者の状況変化に応じた適切なケアマ ネジメントの長期的な実施を行います。
*ケアマネージャーの技術向上のためケアマネージャーの日常的個別指導、支援困難事例などへの指導、助言を行います。
*ケアマネジメントの公正・中立性の確保を図るため、地域のケアマネージャーの後方支援をするとと もに、多職種の連携・協働による長期継続ケアの支援が行われます。

ケアマネ 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。