過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「福祉サービス分野」の過去問を出題

問題

面接場面におけるコミュニケーションについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
面接場所の設定、いすの配置、部屋の雰囲気、職員の服装も円滑なコミュニケーションを図る上での重要な要素となる。
   2 .
面接の焦点を定める際には、クライエントが明示しなかったものは取り上げない。
   3 .
傾聴を行う上では、「もう少し詳しく話してください」とか、「例えば?」などの質問はあまり使用しない方がよい。
   4 .
相談援助者には、相手のメッセージを正確に受け取ろうとする姿勢が重要である。
   5 .
相談援助者は、相手の文化的・社会的背景を十分に配慮する。
( ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 福祉サービス分野 問46 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は1,4,5です。
2⇒面接の焦点を定める場合には、クライアントが明示したものだけではなく、クライアントの態度や雰囲気・言動などから読み取れる問題点なども必要に応じて提起したほうが良い場合が多いです。
3⇒傾聴を行う場合でも、適切な合いの手は話の進行をスムーズにする効果が期待できます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
2:面接の焦点には、明示されたものだけでなく、明示されないものも必要に応じて提起するべきです。

3:傾聴から多くの情報を引き出すために、自由に答えることが可能な質問をすることはいいことです。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
2:話の内容だけでなくクライアントの感情を的確に受け止めながら焦点を定めていくことが必要。

3:傾聴する中で意思や感情を繰り返し確認しながら内容を修正することで相互理解を深めていく。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。