過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成21年度(第12回)」の過去問を出題

問題

介護保険制度以前の高齢者保健福祉サービスについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
特別養護老人ホームの入所に係る利用者負担(費用徴収)は、所得に応じたものとなっていた。
   2 .
老人福祉サービスの措置による利用は、「反射的利益」に過ぎないと解されていた。
   3 .
特別養護老人ホームの利用者負担(費用徴収)が中高所得者層にとって病院よりも重かったことも、社会的入院の一因になっていた。
   4 .
特別養護老人ホームの整備が進んだ結果、医療ニーズの高い高齢者が特別養護老人ホームに措置されてしまった。
   5 .
特別養護老人ホームへの入所は措置であったため、著しい高所得者は入所資格がなかった。
( ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 介護支援分野 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
41
評価しない
1:○
設問の通り

2:○
設問の通り

3:○
設問の通り

4:×
医療ニーズの低い高齢者も病院に入院するケースが多かった。

5:×
所得によって利用者負担がかわっていたが、高所得者でも入所することはできた。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
27
評価しない
4 特別養護老人ホームの整備が進んでおらず、医療ニーズの低い高齢者が入院するケースが多数ありました。

5 特別養護老人ホームへの入所に係る利用者負担は所得に応じたもので、高額所得者であっても入所資格はありました。
評価後のアイコン
評価する
25
評価しない
4:医学的な処置が必要なく、自宅での生活が難しい高齢者が措置されるようになっていました。

5:高所得の場合には自己負担金が大きくなりますが、入所資格がないという事はありませんでした。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。