過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成22年度(第13回)」の過去問を出題

問題

平成7年の社会保障制度審議会「社会保障体制の再構築に関する勧告」において、介護保険制度の確立のために必要なこととされた内容として正しいものはどれか。2つ選べ。
   1 .
ケアマネジメントのシステムを全国的に普及させること
   2 .
施設整備は保険料に依拠し、制度運用の財源は公費に依存すること
   3 .
契約施設である養護老人ホームを重点的に整備すること
   4 .
保険者の財政を安定させるために、市町村の合併を促進すること
   5 .
福祉用具の研究開発や普及の促進を図ること
( ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 介護支援分野 問1 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
44
評価しない
2 施設準備、整備は施設側が負担し、制度運用は公費と保険料を充てています。

3 平成7年の「社会保障体制の再構築に関する勧告」では、介護サービスを行う人材や介護設備などを重点的に整備すべきとされました。

4 「社会保障体制の再構築に関する勧告」では、市町村の合併については触れられていません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
34
評価しない
1.設問の通りです。

2.制度運用の財源も保険料に依存します。

3.高齢者施設の体系は整合性の取れたものにしなければならないと記載されています。養護老人ホームを重点的に整備するとは記載されていません。

4.市町村の合併促進については書かれていません。財政力格差がサービス提供の格差につながらないように連携や支援を行なうと記載されています。

5.高齢者の自立と介護者の負担軽減の為、福祉用具の研究開発や普及を促進しなければならないと記載されています。
評価後のアイコン
評価する
19
評価しない
2:基盤整備は一般財源に依存するにしても、制度の運用に要する財源は主として保険料に依存する公的介護保険を基盤にすべきとされた。

3:介護サービスを行う人材や介護施設などを重点的に整備すべきとされた。

4:市町村合併の促進について触れられていない。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。