過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成24年度(第15回)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 60
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 60
クリア

合格者一覧へ
要介護者等を取り巻く状況について正しいものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
国民健康保険中央会発表(平成23年10月分)によると、85歳以上の者のおおむね2人に1人が要支援・要介護認定を受けている。
 2 . 
国民健康保険中央会発表(平成23年10月分)によると、要支援・要介護認定を受けた者は高齢者人口の17.9%である。
 3 . 
国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」によると、今後、後期高齢者の増加が著しいと見込まれている。
 4 . 
国民生活基礎調査(平成22年)によると、要支援者のいる世帯は三世代世帯が最も多い。
 5 . 
近年の人口の都市集中化現象により、子との同居率は高まっている。
( ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 介護支援分野 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60

この過去問の解説(3件)

評価する
34
評価しない
正解は1,2,3です。
1、85歳以上の57.7%が要支援・要介護認定を受けています。
2、要支援・要介護認定を受けた認定者数は531万人で、高齢者人口の17.9%となります。
3、同調査によると、65歳以上の老年人口は2020年には3612万(29.1%)、2030年には3685万人になるものと予測されています。なかでも75歳以上の後期高齢者の増加が著しいのが特徴的です。
4、要支援者のいる世帯は単独世帯が最も多くなっています。
5、人口の都市集中化により、家族の形態は多世代が同居する大家族から核家族へと変化しました。
評価後のアイコン
2014/09/01 21:19
ID : bqzuosqqxo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
第二次世界大戦以降、日本の家族形態は核家族へと変化しました。65歳以上の高齢者と子供が同居している割合は1980年の69.9%から2010年には42.2%まで低下しています。
また、要介護者等のいる世帯でも半数以上が単独世帯か核家族世帯となっています。
評価後のアイコン
2014/08/04 15:38
ID : ofaxjgyssu
評価する
8
評価しない
4:要支援者がいる世帯は単独世帯が最も多いです。家族がいないために、介護保険の支援が必要となる場合が多いと考えれられます。

5:人口の都市集中化によって若い人は仕事のために地元を離れて都会で生活する人が増えています。その結果として核家族化が進み、子供との同居率は低下しています。
評価後のアイコン
2015/05/28 04:40
ID : anaohrzq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。