過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成29年度(第20回)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 60
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 60
クリア
「 国民の努力及び義務 」として介護保険法第4条に規定されているものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
常に健康の保持増進に努める。
 2 . 
自立した日常生活の実現に努める。
 3 . 
その有する能力の維持向上に努める。
 4 . 
地域における互助に資する自発的活動への参加に努める。
 5 . 
介護保険事業に要する費用を公平に負担する。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 介護支援分野 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
16
評価しない
正解は 1,3,5 です。

介護保険法第4条において規定されている国民の努力及び義務は、大きく分けて次の3点です。

・ 国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して常に健康の保持増進に努める(第4条第1項)

・ 要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努める(第4条第1項)

・ 国民は、共同連帯の理念に基づき、介護保険事業に要する費用を公平に負担する(第4条第2項)


2:介護保険の被保険者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように施策を推進することは、国及び地方公共団体の責務とされています(第5条)。

4:介護保険法上にこのような記述はありません。
評価後のアイコン
2018/03/15 16:18
ID : ejwfeeat
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1、3、5です。
1 3 5 国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して常に健康の保持増進に努めるとともに、要介護状態になった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上を努めるものとする。(介護保保険法第4条 第1項)
2 4 介護保険法第4条には記されていません。
評価後のアイコン
2018/07/09 21:24
ID : uqapbdzz
評価する
0
評価しない
正解:1・3・5です。

介護保険法
(国民の努力及び義務)
第四条 国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して常に健康の保持増進に努めるとともに、要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努めるものとする。
2 国民は、共同連帯の理念に基づき、介護保険事業に要する費用を公平に負担するものとする。

そのため、1・3・5が正解となります。
評価後のアイコン
2018/11/12 17:46
ID : xwvwfxho
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。