過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成30年度(第21回)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 70%

残り : 60
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 60
クリア
介護保険法第1条(目的)に規定されている文言として正しいものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
高齢者の権利利益の擁護に資する
 2 . 
高齢者の心身の健康の保持及び生活の安定を図る
 3 . 
国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図る
 4 . 
有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができる
 5 . 
高齢者の居住の安定の確保を図る
( ケアマネジャー試験 平成30年度(第21回) 介護支援分野 )

この過去問の解説(3件)

評価する
13
評価しない
1.✖ 高齢者の権利利益の擁護には言及されていません。

2.✖ 高齢者の心身の健康の保持及び生活の安定を図ることには言及されていません。

3.〇 国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることは、明記されています。

4.〇 有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように、必要な保健医療サービスや福祉サービスの給付を行うために介護保険制度が設けられました。

5.✖ 高齢者の居住の安定の確保を図ることは言及されていません。
評価後のアイコン
2019/05/23 20:02
ID : nrvyackrep
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

1 ×高齢者虐待法第一条に記載されています。

2 × 老人福祉法第一条に記載されています。

3 ○介護保険法第一条に記載されています。

4 ○介護保険法第一条に記載されています。

5 ×高齢者の居住の安定確保に関する法律の第一条に記載されています。
評価後のアイコン
2019/08/18 06:02
ID : rkdponvjj
評価する
1
評価しない
介護保険法第1条を確認すると答えが出ます。
1.×この内容は、高齢者虐待防止法にあります。
2.×この内容は老人福祉法にあります。
3.○第1条の文末あたりに規定があります。
4.○要介護状態になっても、サービス利用やリハビリをして、自立した生活を目指します。
5.×高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)にあります。
評価後のアイコン
2019/08/09 17:29
ID : oyusygcdwd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。