過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「令和2年度(第23回)」の過去問を出題

問題

2017(平成29)年度末における全国の要介護(要支援)認定者数の状況として正しいものはどれか。2つ選べ。
   1 .
要介護(要支援)認定者のうち、約1割が第2号被保険者である。
   2 .
女性の要介護(要支援)認定者数は、男性の認定者数の約2倍である。
   3 .
要介護(要支援)認定者数は、前年度末に比べ、第1号被保険者、第2号被保険者ともに増加している。
   4 .
要介護(要支援)状態区分別でみると、認定者数が最も多いのは、要介護1である。
   5 .
第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合は、25%を超えている。
( ケアマネジャー試験 令和2年度(第23回) 介護支援分野 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
30
評価しない
1 .誤っています。
 要介護(要支援)認定者は全体で約640万人。
 その内、第2号被保険者は約13万人。
 ゆえに、割合は2割となります。
  
2 .正しい記述です。
 男性の要介護(要支援)認定者数は、約190万人。
 女性の要介護(要支援)認定者数は、約435万人。
 ゆえに、約2倍です。

3 .誤っています。
 第1号被保険者は増加していますが、
 第2号被保険者は前年度と同じく13万人と変わりません。

4 .正しい記述です。
 認定者数が最も多いのは、約127万人で要介護1です。

5 .誤っています。
 第1号被保険者は、約3488万人。
 その内、第1号被保険者の要介護(要支援)認定者は約630万人。
 ゆえに、割合は約18%です。


  
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

正解は2と4です。

1×

2017(平成29)年度末における要介護(要支援)認定者は、

約641万人でした。

このうち、第2号被保険者は、約13万人でした。

以上より、

13万人÷641万人≒0.02

となりおよそ2%となります。

2○

2017(平成29)年度末における要介護(要支援)認定者のうち、

女性は約440万人、男性は約200万人でした。

以上より、

440万人÷200万人=2.2

となり、およそ2倍となります。

3×

2017(平成29)年度末における要介護(要支援)認定者は、

前年と比べると、

1号被保険者が9.6万人(1.5%)増加、

2号被保険者は0.3万人(1,9%)の減少となっていました。

4○

要介護(要支援)状態区分別で、認定者数が最も多いのは、

要介護1で、およそ129万人でした。

5×

第1号被保険者はおよそ3488万人でした。

このうち、要介護(要支援)認定者は、628万人でした。

以上より、

628万人÷3488万人≒0.18

となり、およそ18%ということになります。

評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1:誤りです。要介護・要支援、認定者の中で第2号被保険者の割合は2%程度です。
2:正しいです。女性の認定者数は、男性の認定者数の約2.2倍です。
3:誤りです。第1号被保険者は増えていますが、第2号被保険者は微減しています。
4:正しいです。認定者数が1番多いのは要介護1です。
5:誤りです。認定者の割合は約20%です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。