過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成21年度(第12回)」の過去問をランダムに出題

問題

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」について正しいものはどれか。3つ選べ。
   1 .
介護支援専門員は、高齢者虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、高齢者虐待の早期発見に努めなければならない。
   2 .
要介護高齢者の生命に重大な危険が生じている虐待を発見したものは、担当の介護支援専門員を通じて、速やかに市町村へ通報しなければならない。
   3 .
この法律で対象とする養介護施設には、有料老人ホームは入らない。
   4 .
市町村は、養護者の負担軽減を図るため、高齢者が短期間養護を受けるための居室を確保するための措置を講じる。
   5 .
都道府県知事は、養介護施設従事者等による高齢者虐待の状況やそれに対する措置等について、毎年度公表する。
( ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 福祉サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
33
評価しない
1.養介護施設、病院、保健所その他高齢者の福祉に業務上関係のある団体及び養介護施設従業者等、医師、保健師、弁護士その他高齢者の福祉に職務上関係のある者は、高齢者虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、高齢者虐待の早期発見に努めなければならない。

2.要介護高齢者の生命に重大な危険が生じている虐待を発見したものは、市町村への通報を義務として速やかに行わなければならない。

3.有料老人ホームも含まれる。

4.市町村は、介護負担の軽減のため、養護者に対する相談、指導及び助言その他必要な措置を講ずる。短期間養護を受けるための居室の確保は養護者の支援に当たる。

5.都道府県長は、毎年度、養介護施設従事者等による高齢者虐待の状況、養介護施設従事者等による高齢者虐待があった場合にとった措置等を公表するものとする。また市町村(指定都市、中核市は除く)は、養介護施設従業者等による虐待についての通報または届出を受けたときは、高齢者虐待に関する事項を、都道府県に報告しなければならない。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
1.設問の通りです。

2.発見した人が市町村に通報する義務があります。

3.介護保険施設だけでなく、有料老人ホームも対象になります。

4.設問の通りです。

5.設問の通りです。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
2 要介護高齢者の生命に重大な危険が生じている虐待を発見したものは、速やかに市町村へ通報しなければなりません。

3 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」の対象とする養護施設には、有料老人ホームも含まれます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。