過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成22年度(第13回)」の過去問をランダムに出題

問題

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(以下「高齢者虐待防止法」という。)について正しいものはどれか。3つ選べ。
   1 .
高齢者虐待とは、養護者、養介護施設従業者等によって加えられた行為で、長時間の放置等養護を著しく怠ることも含まれる。
   2 .
高齢者虐待防止法では、高齢者の虐待防止、虐待を受けた高齢者の保護及び養護者に対する支援について、都道府県が第一義的に責任を有する主体と位置付けている。
   3 .
地域包括支援センターは、地域における高齢者虐待対応の中核機関の1つである。
   4 .
養護者による虐待を受けた高齢者を保護するために、市町村は必要な居室を確保するための措置をとる。
   5 .
介護施設等から虐待の通報を受けた市町村長又は都道府県知事は、原則として、家庭裁判所の指示に従って権限を行使する。
( ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 福祉サービス分野 問60 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
39
評価しない
1:○
設問の通り

2:×
高齢者虐待防止法は、市町村が第一義的に責任をゆうする主体と位置づけられている。都道府県ではない。

3:○
設問の通り
高齢者虐待防止法は市町村と地域包括支援センターが主体であるが、都道府県への報告の義務がある。

4:○
設問の通り

5:×
家庭裁判所の指示をうけるもではない。
報告を受けた市町村、地域包括支援センターなどが
速やかに措置を講じる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
2:高齢者虐待防止法において高齢者虐待の防止、高齢者虐待を受けた高齢者の迅速かつ適切な保護及び適切な養護者に対する支援については「市町村」が第一義的に責任を持つ役割を担うと規定されています。

5:家庭裁判所の指示は必要ありません。市町村の判断で迅速な対応を行う事が求められます。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
2 高齢者虐待防止法では、市町村が第一義的に責任を有する主体と位置付けています。

5 虐待の通報を受けた場合、裁判所の指示は必要なく、速やかに適切な措置を講じます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。