過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「平成29年度(第20回)」の過去問をランダムに出題

問題

高齢者虐待の防止について適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
本人の希望する金銭の使用を理由なく制限することは経済的虐待である。
 2 . 
介護支援専門員には、高齢者虐待の防止において、早期発見の役割は期待されていない。
 3 . 
高齢者の外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為は、身体的虐待である。
 4 . 
高齢者の意欲や自立心を低下させる行為は、心理的虐待である。
 5 . 
「 緊急やむを得ない場合 」として身体拘束が認められるのは、「 切迫性 」、「 非代替性 」、「 一時性 」のいずれかを満たす場合である。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 福祉サービスの知識等 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
20
評価しない
正解:1、3、4です。

1:本人の希望する金銭を理由もなく制限することは経済的虐待にあたります。

2:介護支援専門員の役割の一つに、高齢者虐待の早期発見があります。

3:高齢者の外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為は、身体的虐待です。

4:高齢者の意欲や自立心を低下させる行為は、心理的虐待です。

5:緊急やむを得ない場合として身体拘束が認められるのは、「切迫性」・「非代替性」・「一時性」の3つすべての要件を満たす場合です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1、3、4です。

1.本人の希望する金銭の使用を理由なく制限することは経済的虐待にあたります。

2.介護支援専門員には、高齢者虐待の防止において、早期発見の役割が期待されます。

3.高齢者の外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為は、身体的虐待にあたります。

4.高齢者の意欲や自立心を低下させる行為は、心理的虐待にあたります。

5.「緊急やむを得ない場合」として身体拘束が認められるのは、「切迫性」、「非代替性」、「一時性」のすべてを満たす場合です。できる限り身体拘束をしない方法について検討する必要があります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1:本人の希望する金銭を理由もなく制限することは経済的虐待にあたります。また、本人の合意なしに財産や金銭を使用することも経済的虐待にあたります。
経済的虐待の他に、主な虐待の種類としては「身体的虐待」「心理的虐待」「性的虐待」「介護・世話の放棄・放任」があります。

2:介護支援専門員の役割の一つに、高齢者虐待の早期発見があります。

3:高齢者の身体的虐待は「暴力行為によって身体に傷やアザ、痛みを与える行為」の他に、「外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為」も身体的虐待となります。

4:高齢者の意欲や自立心を低下させる行為は、心理的虐待です。例えば脅しや侮辱などの言葉や態度、無視、嫌がらせなどの精神的に苦痛を与えることなどです。

5:緊急やむを得ない場合として身体拘束が認められるのは、身体拘束3つの定義である「切迫性」・「非代替性」・「一時性」のすべての要件を満たす場合です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。