過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「介護支援分野」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 225問 正解) 全問正解まであと225問
飼い犬の世話ができなくなった一人暮らしの利用者から、保険給付として飼い犬の世話をしてもらえないかと訪問介護員に相談があった。その報告を受けた訪問介護事業所は、利用者にとって必要なサービスなので実施したいと介談支援専門員に相談した。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
利用者の意思を尊重し、当面、飼い犬の世話を行うことを認める。
 2 . 
飼い犬の世話を依頼できるボランティアを探す。
 3 . 
利用者に対し、訪問介護事業所を変更するよう指示する。
 4 . 
保険給付としては不適切である旨の説明をする。
 5 . 
地域ケア会議に提案し、必要な社会資源の開発・充足を促す。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 介護支援分野 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解:2、4、5です。

1:訪問介護員における、介護保険の生活援助の範囲において、ペットの散歩は日常生活の援助に該当しない行為にあたります。

2:訪問介護員の業務外ですので、インフォーマルなサービスとしてボランティアを活用する方法も考えてみることが好ましいです。

3:事業所を変更しても、訪問介護員の業務外ですので、保険給付におけるペットの世話は行えません。

4:保険給付としての対応ができない旨を説明する必要があります。

5:そのような資源を充足させるように、地域ケア会議で提案することは、必要なことです。
評価後のアイコン
2018/08/07 16:56
ID : xwvwfxho
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2、4、5です。
1 飼い犬の世話は日常生活の援助以外なので訪問介護員の業務としては認められません。
2 訪問介護員では業務外なので、ボランティアを探すなどが望ましいです。
3 訪問介護事業所を変更しても飼い犬の世話をすることはできません。
4 介護給付では対応できないことを説明する必要があります。
5 地域ケア会議に提案し、必要な社会資源の開発、充足を促すのが望ましいです。
評価後のアイコン
2018/06/24 21:22
ID : uqapbdzz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。