過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネ「保健医療サービスの知識等(総合)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 5問 正解) 全問正解まであと5問
次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
介護予防訪問看護は、介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービス事業に含まれる。
 2 . 
居宅療養管理指導は、管理栄簑士や歯科衛生士も行うことができる。
 3 . 
30日以上継続して短期入所療養介護を利用することについてやむを得ない理由がある場合には、30日を超えて短期入所療養介護費を算定できる。
 4 . 
看護小規模多機能型居宅介護の運営推進会議は、利用者の家族や地域住民の代表者も構成員となる。
 5 . 
介護予防訪問リハビリテーションを介護予防サービスに位置付ける場合には、主治医の指示があることを確認する。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 保健医療サービスの知識等(総合) )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解:2、4、5です。

1:介護予防訪問看護は予防給付です。

2:居宅療養管理指導は、医師・歯科医師・薬剤師・管理栄養士・歯科衛生士・保健師・看護師らが行うものです。

3:30日を超えて、短期入所療養介護費の算定はできません。30日を超えて利用する場合は、自己負担となります。

4:設問の通りです。

5:介護予防訪問リハビリテーションを行うには、医師の指示が必要です。
評価後のアイコン
2018/08/16 18:59
ID : xwvwfxho
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は2、4、5です。
1 介護予防訪問介護と介護予防通所介護は移行したが、介護予防訪問看護は移行せずに予防給付に位置づけられてます。
2 居宅療養管理指導は、管理栄簑士や歯科衛生士も行うことができます。
3 やむを得ない場合であっても30日を超えて短期入所療養介護費は算定出来ません。
4 看護小規模多機能型居宅介護の運営推進会議は、利用者の家族や地域住民の代表者も構成員となります。
5 介護予防訪問リハビリテーションを介護予防サービスに位置付ける場合には、主治医の指示があることを確認する必要があります。
評価後のアイコン
2018/06/27 15:47
ID : uqapbdzz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。