過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 5 問50を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、「道路法」上、道路の占用の許可を受ける必要のないものはどれか。
   1 .
歩道の一部にはみ出して、工事用の仮囲いを設置する。
   2 .
道路の上部にはみ出して、防護棚(養生朝顔)を設置する。
   3 .
工事用電力の引込みのために、仮設電柱を道路に設置する。
   4 .
屋上への設備機器揚重のために、ラフタークレーンを道路上に設置する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 5 問50 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
✕ 1~3.道路占用の届けが必要になります。工作物、物件又は施設を設け、継続して道路を使用する場合は届け出をし、道路管理者の許可が必要になります。

〇 4.問題文の様な状況は、継続してではなく、一時的に道路を使用する場合なので占用ではなく、道路使用の許可を届ければ足ります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

許可不要なものは4です。

1.歩道の一部にはみ出して、工事用の仮囲いのような長期間道路を使用する場合、道路管理者に道路占用許可の届け出が必要になります。

2.道路の上部にはみ出して、防護棚(養生朝顔)を設置する場合、道路管理者に道路占用許可の届け出が必要になります。

3.工事用電力の引込みのために、仮設電柱を道路に設置する場合は長期間道路を使用するため、道路管理者に道路占用許可の届け出が必要になります。

4.短期間、道路を使用する場合は、占用許可ではなく道路使用許可を警察署長に届け出ます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。