過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

国内旅行業務取扱管理者の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

次の府県で開催される祭り・行事と開催月の組合せのうち、誤っているものはどれか。
   1 .
大阪府:岸和田だんじり祭   ―― 7月
   2 .
沖縄県:那覇ハーリー     ―― 5月
   3 .
栃木県:日光山輪王寺の強飯式 ―― 4月
   4 .
福井県:お水送り       ―― 3月
( 国内旅行業務取扱管理者試験 令和元年度(2019年) 国内旅行実務 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
誤りは1です。
岸和田のだんじり祭りは9月に開催されます。
だんじり祭りと言えば、岸和田のものがメディアに取り上げられることが多く有名ですが、これ以外にも関西各地で行われています。

2 那覇ハリーの「ハリー」とは「爬竜船(はりゅうせん」を指します。
集客を狙ってゴールデンウィークに開催される那覇ハリーだけでなく、沖縄の伝統行事であるハリーは、沖縄各地で開催されています。

3 日光の強飯式(ごうはんしき)は、山伏が強飯頂戴人(ごうはんちょうだいにん)へ飯を食べることを強要します。
ご利益を求め、古くは大名なども強飯頂戴人の役を務めたがったといいます。

4 福井県若狭からお水を送り、奈良の東大寺でそのお水を汲むという儀式です。
実際にお水を送るわけでは無く、若狭側では遠敷川へ香水を流し、10日後に奈良側の井戸から汲み上げる儀式を行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解(誤っているもの)は1です。

岸和田だんじり祭の本祭日程は、かつて9月15日に固定化されていました。
9月15日が敬老の日で祝日だった頃は都合が良かったのですが、平日となる年が現れるようになったため、現在は「敬老の日前日の日曜日」に開催されるようになっています。

2は正しい内容です。
ハーリーとは爬竜船(はりゅうせん)と呼ばれる独特な装飾船を用いた漕艇競技で、豊漁や海の安全を祈願する祭りです。
沖縄各地で元々は旧暦5月4日に開催されていましたが、最大規模となる那覇では、現在はゴールデンウィークに日程を重ねて開催されています。

3も正しい内容です。
かつては5月2日、現在は4月2日に毎年開催されています。
強飯式は日光だけに伝わる儀式で、修験道の装束をした山伏が山盛りの飯を持って参加者に「喰え喰え」と強要します。
頂戴すると商売繁盛などにご利益があると言われています。

4も正しい内容です。
お水送りは福井県小浜市の神宮寺で行われる行事で、奈良東大寺のお水取りに使う水を送るという儀式です。
東大寺お水取りの3月12日に合わせる形で、福井小浜側では3月2日にこれが行われています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この国内旅行業務取扱管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。