過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

国内旅行業務取扱管理者「平成27年度(2015年)」の過去問をランダムに出題

問題

旅客鉄道会社( JR )に関する以下の設問について、選択肢の中から答を1つ選びなさい。

大人1人が、次の行程を新幹線の改札口を出ないで乗り継ぐ場合のグリーン料金及び特急料金について、資料に基づき、以下の各設問に該当する答を、選択肢の中からそれぞれ1つ選びなさい。
(注)グリーン車は、いずれの列車ともグランクラスを利用しないものとする。

特急料金の合計額について、正しいものはどれか。
問題文の画像
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 国内旅行業務取扱管理者試験 平成27年度(2015年) 国内旅行実務 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
東北新幹線内の特急料金は通算できますが、上越新幹線の特急料金は別に求めて合算する必要があります。

グリーン車を利用する場合の特急料金は、通常期の普通車指定席特急料金の520円引きなので、「とき」は3,110円ー520円=2,590円となります。

「はやぶさ」の特急料金には310円(5,050円-4,740円)が加算されるので、「はやぶさ」「やまびこ」を通算すると5,270円+310円-520円=5,060円となります。

よって、特急料金の合計額は7,650円で、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解:4

東北新幹線区間の特急料金は、通しの特急料金となります。

東北新幹線の特急料金について、大宮-仙台区間は「はやぶさ」の追加料金を計算します。

大宮+仙台「はやぶさ」追加金額310円
(5.050円-4.740円)

上毛高原-大宮 2.590円(3.110円-520円)
大宮-仙台-一関 5.060円(5.270円+310円-520円)
計 7.650円
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は4です。

この設問におけるポイントを下記にまとめます。

・上越新幹線と東北新幹線相互間は「同一方向」ではないので通算できません。
・東北新幹線内の複数列車は通算できます。
・はやぶさ、こまち利用区間はそれ以外(はやて、やまびこ他)との差額を加算します。
・グリーン車利用なので1計算当たり520円を減額します。

上越新幹線部分は、(指定席特急料金)-520円となります。
東北新幹線部分は、(通しの指定席特急料金(やまびこ用))+(大宮→仙台のはやぶさ・やまびこ差額)-520円となります。

これらに当てはまる計算式は選択肢4となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この国内旅行業務取扱管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。