過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

国内旅行業務取扱管理者「平成28年度(2016年)」の過去問をランダムに出題

問題

旅客鉄道会社( JR )に関する以下の各設問について、それぞれ選択肢の中から答を1つ選びなさい。

大人1人と小児1人が、次の行程を乗車する場合について、資料に基づき設問に該当する答を、選択肢の中から1つ選びなさい。
(注1)高山駅~岐阜駅間は地方交通線である。
(注2)名古屋駅では途中下車せず、同日の乗り継ぎとする。

この行程におけるJR券に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。
問題文の画像
   1 .
列車の事故により「特急ワイドビューひだ4号」が遅延し、名古屋駅の到着時刻が同日の12時10分となった。この場合、「特急ワイドビューひだ4号」の特急料金の全額が返金される。
   2 .
旅客の都合により「特急ワイドビューひだ4号」に乗り遅れた場合、「特急ワイドビューひだ4号」の特急券とグリーン券は無効になり、払いもどしできない。
   3 .
この乗車券の有効期間は4日間である。
   4 .
名古屋~新富士間の特急券の有効期間は、5月3日と5月4日の2日間である。
( 国内旅行業務取扱管理者試験 平成28年度(2016年) 国内旅行実務 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない
特急券とグリーン券の払い戻しは使用開始前に限られるので、2が正解です。
特急料金が全額返金されるのは2時間以上遅延した場合なので、1は誤りです。
JRの乗車券の有効期間は201~400キロが3日間、401~600キロが4日間です。高山ー名古屋ー新富士間の営業キロの合計は386.5キロなので、3は誤りです。この場合は地方交通線であっても、賃率換算キロでなく営業キロで計算するので注意してください。
自由席特急券は、有効期間開始の当日のみ有効なので、4も誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は2です。

指定席特急券、グリーン券、寝台券、指定席券は、指定された列車の発車時刻を過ぎると無効となり、払い戻しはできません。
(ただ、同じ日の後続列車の普通車自由席利用であれはそのまま使えます。)

1は誤りの内容です。
特急料金の払い戻しは到着時刻より2時間以上遅れた場合です。
設問文1のケースはこれを満たしていません。

3も誤りの内容です。
この設問では若干注意が必要です。
運賃計算上では通算400.1キロ(賃率換算キロ使用)ですが、営業キロの通算では386.5キロだからです。
有効期間は営業キロの通算で決まります。
このケースでは200キロ超400キロ以下の「3日」が正しい内容となります。

4も誤りの内容です。
自由席特急券は有効期間開始日当日のみ有効です。
新幹線の場合は、改札を出なければ同一方向の2列車以上(のぞみ等は除く)を乗り継いでも使用できます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この国内旅行業務取扱管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。