過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

国内旅行業務取扱管理者「平成29年度(2017年)」の過去問をランダムに出題

問題

旅客鉄道会社( JR )に関する以下の設問について、選択肢の中から答を1つ選びなさい。

次のJR券に関する記述について、資料に基づき、正しいものを選びなさい。

〈資料〉
●和歌山駅から紀伊勝浦駅までの営業キロは185.8キロ
●和歌山駅から串本駅までの営業キロは159.1キロ( 串本駅は和歌山駅〜紀伊勝浦駅の途中駅である。 )
問題文の画像
   1 .
このJR券は、4月30日10時から発売される。
   2 .
旅客の都合により、串本駅で旅行中止したとき、払いもどしされる額はない。
   3 .
旅客の都合により、このJR券を5月30日に払いもどすとき、払いもどしの手数料の合計は670円である。
   4 .
旅客の都合により、この列車に乗り遅れた場合、乗車列車の変更を申し出れば、乗車日の5月31日及び翌日の6月1日に限り、和歌山駅を出発する他の特急列車の普通車自由席に乗車する取扱いを受けることができる。
( 国内旅行業務取扱管理者試験 平成29年度(2017年) 国内旅行実務 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は2です。

途中駅での旅行中止、すなわち使用開始後に払いもどしできる条件は
「有効期間内で未使用区間の営業キロが1券片で101キロ以上残っていること」です。
(手数料と使用済区間の運賃を引いた残額が払いもどしされます。)
串本~紀伊勝浦は101キロに満たないので、「払いもどしされる額はない」で合っています。

1は誤りの内容です。
5月31日など前月に同じ日付が存在しない日は「同じ月の1日」が発売開始日となります。

3も誤りの内容です。
設問にある670円は特急料金分の払いもどし手数料(前日なので30%適用)に相当します。
これにさらに乗車券分の払いもどし手数料が加わります。

4も誤りの内容です。
後続特急の普通車自由席が利用できるのは当日(5月31日)限りで、6月1日になると有効期間内である乗車券部分のみの効力となってしまいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正しいのは1です。未乗区間が100キロを超える場合には、既乗区間の運賃と220円の手数料を差し引いた残額が払いもどされますが、串本駅ー紀伊勝浦駅は26.7キロなので対象外です。

前月に31日が存在しない場合は、30日ではなく同月の1日の午前10時から指定席券の発売が開始されるので、2は誤りです。

払いもどし手数料は乗車券が220円、指定席特急券は前日の場合30%(端数切捨て)で670円、合計890円なので、3も誤りです。

後続の特急列車の普通車自由席に追加料金なしで乗車できるのは当日に限られるので、4も誤りです。




評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この国内旅行業務取扱管理者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。