危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第4石油類とは?

第4石油類とは危険物第4類(引火性液体)の分類の1つです。危険物第4類は主に引火点によって分類されており、このうち第4石油類は「1気圧で、温度 20°Cで液体であって、引火点が 200°C以上 250°C未満のもの」を指します。これにはギヤー油、シリンダー油などが挙げられます。

第4石油類の特徴

危険物の試験ではその物質の特徴を問う問題がよく出題されます。
第4石油類は第4類の中ではあまり出題されませんが、それでも必ず覚えなくてはいけない特徴が以下の3つです。

①常温で液体

これは第4石油類に限らず、第4類は引火性液体なので全てが液体です。

そのため選択肢に「 第4石油類は固体である 」「 シリンダー油は気体である 」とある場合、引火性液体ということを理解していればすぐに間違いとわかるので必ず正解できるようにして下さい。

②非水溶性である・比重が1より小さいものが多い

第4類石油類の特徴として「 非水溶性であること 」が挙げられます。つまり水には溶けません。そのため、「 シリンダー油は水に溶ける 」などの選択肢はすぐに間違いとわかります。

比重が 1 より小さい、ということは水に浮くという意味です。ほとんどの物質が水より軽くなっています。

③引火点が高い

引火点とは
 
「 蒸発した可燃性蒸気が火が付くのに充分な濃度になるまで発生する液体の温度 」

のことで、簡単に言うと火種があれば着火する液体の最低温度です。引火点が低いほど火が付きやすく、危険性が高くなります。

第4類のうちジエチルエーテルなどの特殊引火物( 引火点ー20℃ )、ガソリンなどの第1石油類( 引火点21度未満 )に比べると第4石油類は引火点200度以上250度未満とかなり高くなっています。

このことからガソリンは常温でも火や静電気によって簡単に引火してしまうのに対し、第4石油類は引火点がかなり高いので引火しづらいということが分かります。

そのため第1石油類よりも第4石油類の方が比較的安全であり、指定数量( 取り扱いや保存できる量 )が多くなっています。

危険物の試験では指定数量に関する問題がよく出題されます。第4石油類は大1石油類や第2石油類に比べると出題が少ない傾向にありますが、指定数量6000リットルということは押さえておきましょう。

第4石油類の取り扱いの注意

取り扱う時には他の引火性液体と同様、蒸気が溜まるのを防ぐために換気をしっかりと行う必要があります。

引火点が高いので加熱して温度を上げない限り引火する危険性はありませんが、火が付いてしまうと消火は大変困難です。

火災事故を防ぐための保存の際の注意としては、以下の物が挙げられます。

消火の注意

火を消すといえば水をかけるイメージですが、

第4石油類に注水消火は、原則的に不適当です。

なぜかというと・・・
第4石油類は非水溶性・ほとんどが比重1以下です。そのため、もし水をかけると第4石油類の物質が水に浮いてしまうからです。

むしろそのまま流れて火災が広がってしまう可能性があります。

空気を断つことでそれ異常燃焼できなくさせる「 窒息消火 」が有効です。

泡、二酸化炭素、粉末、ハロゲン化物などの消火器を使います。

まとめ

引火性液体のうち、第4石油類の出題頻度は低くなっています。

しかし指定数量の問題や消火法の問題に第4石油類の物が特殊引火物や第1石油類に混ざって出てくるかもしれません。

基本的な消火方法や貯蔵、取り扱いの注意は第4類全体でほとんど変わりません。

まずは第4類の特徴を理解し、そのうえで第4石油類にはどんなものが分類されているのか、指定数量はいくつか(6000リットル)、引火点は何℃くらいかということを覚えて下さい。

危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。