第4類危険物とは | 危険物取扱者試験 乙4の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

第4類危険物とは

まず、第4類危険物を説明する前に、危険物には第1類から第6類に分類されていることを知る必要があります。その後、第4類危険物に共通する性質や特徴、火災予防方法、消火方法など、基本的な知識を押さえておきましょう。

「危険物」の種類

消防法では、火災を引き起こす危険性が高い物質を「危険物」として定めています。危険物は取扱や保管、貯蔵方法に様々な規制が設けられています。

なお、危険物には大きく分けて「液体」と「固体」の物質があり、さらに第1類から第6類まで分類されています。

以下にそれぞれの危険物を簡単にまとめてみます。

第1類:酸化性固体

状態:固体
特徴:第1類危険物そのものは、単独で燃えることは無い「不燃物」ですが、分子構造中に酸素を含んでおり、加熱、衝撃、摩擦などが加わると酸素が放出され、他の可燃物を酸化させる性質があります(酸化性物質)。

第2類:可燃性固体

状態:固体
特徴:低温でも引火、着火しやすい物質の総称です。自身が燃焼しやすく、酸化されやすい物質(還元性物質)です。第1類危険物である酸化性固体と混合させると、発火、爆発の危険性が高くなります。

第3類:自然発火性物質および禁水性物質

状態:固体または液体
特徴:自然発火性物質とは、空気にさらされると自然発火する危険性のある固体または液体の総称です。また、禁水性物質とは、水に触れると発火したり、可燃性ガスを発生する固体または液体の総称です。第3類危険物は、自然発火性および禁水性、両方の性質を有していますが、一部例外として黄りん(自然発火性のみ)とリチウム(禁水性のみ)が含まれます。

第4類:引火性液体

状態:液体
特徴:引火性の高い液体の総称で、危険物の約9割を占めると言われています。ただし、引火するのは液体そのものではなく、液体から発生する揮発性ガスで、空気と混合することで引火、爆発する危険が高くなります。なお第4類危険物は、その引火点の違いにより、さらに7種類の品名に分類され、厳重な取り扱いが定められています。詳細については次の項で述べます。

第5類:自己反応性物質

状態:固体または液体
特徴:分子構造中に酸素を含んでおり、加熱や衝撃が加わることにより、自身が燃焼、爆発を引き起こす物質を指します。

第6類:酸化性液体

状態:液体
特徴:他の物資の酸化を促進する液体の総称です。第6類危険物そのものは燃焼しませんが(不燃性)、他の可燃物と混合させることで発火する危険性が高まります。

第4類危険物の特徴

前述したとおり、第4類危険物は「引火性液体」と呼ばれています。
発生する蒸気を空気と混合させ、引火源を近づけることにより引火、爆発する、非常に危険性が高い物質です。
なお、第4類危険物の共通の特徴としては、以下のものが挙げられます。

①引火しやすい

常温または加熱することで可燃性蒸気が発生し、点火源により引火、爆発する危険が高くなります。

②蒸気が空気より重い

空気と上記の比重を示す蒸気比重が1よりも大きいため、空気よりも低い場所に滞留します。滞留先で空気と混合すると、引火、爆発の危険性があります。

③水に溶けない、水に浮く

第4類危険物は水に溶けず(非水溶性)、比重が1よりも小さく水に浮く物質がほとんどです。そのため、火災などで水を使用すると、物質が水面を伝って拡散し、燃焼範囲を拡大する危険性があります。

④静電気を発生させやすい

第4類危険物のほどんどが電気を通さない不良導体であるため、静電気を発生、蓄積させやすいです。静電気が蓄積されると、放電火花が発生する場合があるため、これが点火源となって引火、爆発を生じる危険があります。

第4類危険物の火災予防方法

第4類危険物の引火、爆発の危険を無くし、火災を防止するためには、次のような予防方法が必要となります。

①火気、火花、加熱を避ける

気化した蒸気が空気と混合し、点火源に近づけることで引火、爆発するため、点火源そのものを除去し、液体の気化を防ぎます。

②容器を密栓して冷暗所に貯蔵する

容器から可燃性蒸気が漏れないようにします。また密栓する場合には、液体が熱膨張を起こした際の容器破損、危険物の漏れを防ぐため、容器に若干の空きをつくる必要があります。

③喚起を十分に行う

特に低所の換気を良くして、可燃性蒸気の滞留を防ぎます。

④流速を遅くする

静電気の蓄積、静電気による火花の発生を防ぐため、タンクや容器に危険物を注入する際には流速を抑える必要があります。

⑤湿度を上げる

湿度を上げることにより、静電気の発生を防ぎます。

⑥アースを施す

静電気が発生した場合でも速やかに放電させるためにアースを設置し、静電気を地面に逃がします。

第4類危険物の消火方法

第4類危険物の火災は、可燃性蒸気が原因となるために、窒息消火もしくは抑制消火が有効です。

なお、水による消火は、第4類危険物の大半が非水溶性で比重が水よりも軽いため、火災を拡散する危険性があります。

また、水溶性物質の場合、泡消火では泡を消してしまう性質を有しているため、耐アルコール泡を使用して窒息消火させます。

この授業に関連した授業
危険物取扱者試験 乙4試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。