精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16057問 出題

問題

健康保険に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
業務上の事由により精神疾患に罹患した場合、精神科病院で健康保険による診療を受けることができる。
 2 . 
健康保険に加入している精神障害者が精神科病院に入院した場合、食事代は保険適用されず、実費負担となる。
 3 . 
健康保険に加入している精神障害者の疾患が長期化した場合、1年半を経過すれば、障害給付等を受けることができる。
 4 . 
健康保険に加入している精神障害者は、医師の指示に基づいて看護師から訪問看護を受けた場合、保険給付がなされる。
 5 . 
健康保険に加入している精神障害者が死亡した場合、金額にかかわらず、埋葬に要した費用の実費額が埋葬料として支給される。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
4
評価しない
正解は4です。

1.業務上の事由により精神疾患に罹患した場合は、労働者災害補償保険により診療を受けることになります。

2.入院中の食事代について、食事療養標準負担額を超えるものについては、入院時食事療養費が健康保険から給付されます。

3.疾患が長期化し1年半を経過した場合、健康保険ではなく、障害基礎年金もしくは障害厚生年金で障害給付を受けることになります。

4.医師の指示に基づいて看護師から訪問看護を受けた場合、訪問看護療養費が支給されます。

5.被保険者が死亡した時は、埋葬料として5万円が支給されます。
評価後のアイコン
2016/03/21 20:10
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1.誤答。労働者災害補償保険の適応となります。

2.誤答。患者が自己負担をして一定金額を超えたら、入院時食事療養費として健康保険組合が病院へ支払うことができます。

3.誤答。年金に加入していることが条件となります。

4.正答。その通り。

5.誤答。埋葬料の額は5万円以内になります。
評価後のアイコン
2015/01/30 15:57
ID : uesomqxem
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。