過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 地域福祉の理論と方法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

地域における福祉サービス等の評価に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
社会福祉法によると、社会福祉事業の経営者は、自らその提供する福祉サービスの質の評価を行うこととされている。
 2 . 
福祉サービス第三者評価事業を行う評価者は、国が設立する第三者評価機関の認証が必要である。
 3 . 
介護保険事業においても、社会福祉法で規定される福祉サービスの第三者評価を受けることが義務づけられている。
 4 . 
保育所の福祉サービス第三者評価結果の公表は、義務化されている。
 5 . 
福祉サービス第三者評価では、法人の理念は評価対象とされていない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は1です。

1.社会福祉法には「社会福祉事業の経営者は、自らその提供する福祉サービスの質の評価を行うことその他の措置を講ずることにより、常に福祉サービスを受ける者の立場に立って良質かつ適切な福祉サービスを提供するよう努めなければならない。」と規定されています。

2.「福祉サービス第三者評価事業に関する指針」において「【都道府県】は都道府県推進組織を設置し、第三者評価機関の認証等の業務を行う。」と記載されています。国ではありません。

3.介護保険法では「指定地域密着型サービス事業者は、自らその提供する指定地域密着型サービスの質の評価を行うことその他の措置を講ずることにより常に指定地域密着型サービスを受ける者の立場に立ってこれを提供するように【努めなければならない】」のように義務ではなく努力義務として規定されています。

4.保育所の福祉サービス第三者評価結果の公表は義務化されていません。社会的養護施設(児童養護施設・乳児院・母子生活支援施設・情緒障害児短期治療施設・児童自立支援施設)は3年に1度の受審が義務化されています。

5.「福祉サービス第三者評価基準ガイドライン」では「理念、基本方針が確立・周知されている」ことが項目として挙げられています。

2016/03/29 20:27
ID : zvpsuvyxmd
0

正解は1です。
社会福祉法 第78条に書かれています。

他の選択肢については以下のとおりです。
2→「国が設立する第三者評価機関の認証が必要」という部分が誤りです。
規定されているのは「都道府県推進組織が行う評価調査者養成研修を受講し、修了していること」です。

3→社会福祉法で規定されている第三者評価も努力義務です。介護保険法で特にうたわれていません。

4→評価公開が義務化されているのは、乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、情緒障害児短期治療施設です。

5→福祉サービス第三者評価基準ガイドラインにおける各評価項目の判断基準に対するガイドラインに理念は書かれています。評価対象です。

2015/03/22 22:38
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。