精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第24628問 出題

問題

高齢者に対する医療保険制度における給付と負担に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
65歳以上の加入者の療養病床での食事・室料は、入院時生活療養費として全額支給対象である。
 2 . 
70歳以上の加入者の埋葬料・埋葬費は、家族療養費として支給される。
 3 . 
70歳から74歳までの加入者の一部負担金は、加入者が現役並み所得者である場合には、療養の給付に要した費用の2割の額である。
 4 . 
75歳以上の加入者の一部負担金は、加入者が現役並み所得者である場合には、療養の給付に要した費用の3割の額である。
 5 . 
75歳以上の加入者が選定した特別の病室の室料は、保険外併用療養費として全額支給対象である。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解は4です。

1.65歳以上の加入者の療養病床での食事・室料は、入院時生活療養費として支給されますが、全額ではなく一部の支給となっています。

2.埋葬料・埋葬費は、家族療養費とは異なるものとして支給されます。

3.70歳から74歳までの加入者の一部負担金は、加入者が現役並み所得者である場合には、療養の給付に要した費用の3割の額です。

4.75歳以上の加入者の一部負担金は、加入者が現役並み所得者である場合には、療養の給付に要した費用の3割の額です。

5.特別の病室の室料など保険外併用療養費のものは、全額支給対象外となります。
評価後のアイコン
2017/09/14 07:06
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1:65歳以上の加入者の療養病床での食事・室料は、入院時生活療養費として支給されますが、全額ではなく一部です。よって誤りです。
入院時生活療養費は、65歳以上の医療保険制度の加入者が、療養病床(長期にわたり療養を必要とする患者のための病床)に入院し、生活療養(食事療養並びに温度、照明及び給水に関する適切な療養環境の中での療養)を受けた場合、その入院時の食事代や光熱水費など居住費の一部を医療保険が負担します。

2:家族療養費は、被用者保険(民間の会社員や公務員、船員の加入する保険)の被扶養者の病気や怪我などに対する支給です。埋葬料・埋葬費は、被保険者が死亡した場合に被用者保険より現金給付として支給されるものです。家族療養費とは異なりますので誤りです。

3:70歳から74歳までの加入者の一部負担金は、加入者が現役並み所得者である場合は、療養の給付に要した費用の2割ではなく3割の額です。よって誤りです。

4:75歳以上の加入者の一部負担金は、加入者が現役並み所得者である場合には、療養の給付に要した費用の3割の額です。よって正解です。

5:保険診療と保険外診療の混合診療では、保険外診療の部分が少しでもあると、本来なら保険診療となる部分も含めて全て自己負担となります。ただし、厚生労働大臣の定める先進医療や特定の保険外診療については、患者の同意の上で保険診療と保険外診療との併用が認められ、保険外の部分は全額自己負担ですが、保険診療の部分は保険適用となります。これを保険外併用療養費といいます。差額室料などの選定療養については保険外併用療養費となりますが、全額支給対象ではなく全額自己負担です。
評価後のアイコン
2017/08/28 23:54
ID : kmnzragw
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。