過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25805問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険制度と地域福祉に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
「生活支援コーディネーター」(地域支え合い推進員)は、専門職として社会福祉協議会に配置されなければならない。
   2 .
包括的支援事業の中には、地域包括支援センター以外の主体にも委託できるものがある。
   3 .
地方公共団体は、被保険者が住み慣れた地域で自立生活を営めるよう、その求めに応じて居住先を確保しなければならない。
   4 .
「新しい総合事業」(介護予防・生活支援サービス事業)は、単一の主体が独占的にサービスを提供することが想定されている。
   5 .
市町村が地域ケア会議を開催する際には、当該地域の住民を参加させなければならない。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 地域福祉の理論と方法 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1.誤り。生活支援コーディネーターは高齢者のニーズと地域資源のマッチングを行います。
配置は地域包括支援センターとの連携を前提とした上で配置先・人数は限定せず地域の実情に応じて行います。

2.正しい。
包括的支援事業には
(1)介護予防ケアマネジメント
(2)総合相談支援
(3)権利擁護
(4)ケアマネジメント支援があります。
(1)の介護予防ケアマネジメントは包括以外の主体にも委託が出来ます。

3.誤り。「介護保険法 第5条3 住み慣れた地域で日常生活を営むことができるように(略)地域における自立した日常生活のための施策を医療及び居住に関する施策との有機的な連携を図りつつ包括的に推進するよう努めなければならない」と書かれています。居住先の確保は書かれていません。

4.誤り。新しい総合事業は地域の実情に応じて様々な主体が参加することを目指しています。

5.誤り。地域ケア会議の参加者は専門職(ケアマネ、サービス事業所・NPO・ボランティア)が参加することもあります。住民参加は義務ではありません。

以上により選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は2です。

1.生活支援コーディネーターには特定の資格要件は定められておらず、地域包括支援センターとの連携を前提とした上で、地域の実情に応じた多様な配置が可能となっています。

2.包括的支援事業の中には、在宅医療・介護の連携推進、生活支援体制整備事業、認知症総合支援事業のように、地域包括支援センター以外の主体にも委託できるものがあります。

3.被保険者が住み慣れた地域で自立生活を営めるような施策を推進するように努めなければいけませんが、居住先を確保しなければならないという規定は介護保険制度にはありません。

4.新しい総合事業は、地域の多様な主体を活用することが想定されています。

5.地域ケア会議は専門職が中心となります。民生委員が参加することもありますが、住民を参加させなければならないといった規定はありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。