過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49161問」を出題

問題

[ 設定等 ]
日本の医療費の自己負担限度額に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
食費、居住費、差額ベッド代は高額療養費制度の支給の対象とはならない。
   2 .
医療保険加入者が70歳未満である場合、二人以上の同一世帯で合算した年額の医療費の自己負担限度額が定められている。
   3 .
医療保険加入者が医療保険と介護保険を共に利用した場合、それらの費用を世帯で合算した月額の自己負担限度額が定められている。
   4 .
医療保険加入者が70歳以上である場合、入院の費用に限り世帯単位での医療費の自己負担限度額が定められている。
   5 .
医療保険加入者が高額長期疾病(特定疾病)の患者である場合、医療費の自己負担を免除することが定められている。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
正解は1です。

1→食費、居住費、差額ベッド代は高額療養費制度の支給の対象とはなりません。

2→年額ではなく、月額で医療費を合算し、自己負担限度額が定めらます。

3→高額介護合算療養費制度は、月額ではなく対象となるのは1年間に支払った自己負担限度額です。

4→入院の費用に限定せず、外来の費用も対象となります。

5→高額長期疾病(特定疾病)の患者を理由とする医療費の自己負担免除はありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.正。
高額療養費制度は、保険適用される診療に対して患者が支払った自己負担額が対象となります。
食費、居住費、差額ベッド代は高額療養費の支給対象とはなりません。

2.誤。
医療保険加入者が70歳未満である場合、2人以上の同一世帯で合算した月額の医療費の自己負担限度額が決められています。

3.誤。
医療保険加入者が医療保険と介護保険を共に利用した場合、それらの費用を世帯で合算した年額の自己負担限度額が定められています。
これを高額医療・高額介護合算療養費制度といいます。合算期間は8月から翌年の7月になります。

4.誤。
入院の費用に限らず、通院の場合でも保険適用となる診療に対して支払った自己負担額が対象となります。

5.誤。
医療費の自己負担を免除するのではなく、他の病気の場合よりもさらに負担額が引き下げられます。
特定疾病とは、血友病や慢性腎不全、後天性免疫不全症候群など、長期間にわたって治療を継続しなければならず、著しく高額な医療費が必要となる疾病のことをさします。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1、適切な内容です。
食費、居住費、差額ベッド代は医療保険の適用外の費用となるため、高額療養費の対象とはなりません。

2、不適切です。
医療費の自己負担限度額は年額ではなく月額で定められています。

3、不適切です。
医療保険と介護保険を共に利用した場合の自己負担限度額は年額で定められています。

4、不適切です。
入院・通院の費用とも世帯単位で医療費の自己負担限度額が定められています。

5、不適切です。
医療費の自己負担が全額免除となるわけではなく、負担割合や自己負担限度額の上限が引き下げられる事が定められています。
また、その上限額は患者の所得によって異なります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。