過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「精神障害者の生活支援システム」の過去問を出題

問題

「障害者白書(平成25年)」(内閣府)における外来の精神障害者の現状に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
65歳以上の者の割合を2005年(平成17年)と2011年(平成23年)で比較すると、約5%減少している。
   2 .
精神科初診時の年齢は、いずれの疾患の場合でも、20歳未満が40%を超えている。
   3 .
疾患別構成割合では、統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害のある者の割合が30%を超えている。
   4 .
障害年金受給者は約25%であるが、統合失調症のある者では40%を超えている。
   5 .
一人暮らしをしている者は約50%で、家族と同居している者を上回っている。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神障害者の生活支援システム )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は4です。白書についてはこちらをご覧ください。
http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h25hakusho/gaiyou/h1_01.html

各選択肢については以下のとおりです。

1→約5%減少ではなく、5%上昇です。28.6%から33.8%となっています。

2→「いずれの疾患の場合でも」という部分が誤りです。統合失調症は40%を超えていますが、うつ病は29.3%となっています。

3→30%を超えていません。平成23年のデータですが、18.7%となっています。

5→一人暮らしは約20%弱です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正答【4】

「障害者白書(平成25年)」(内閣府)
https://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h25hakusho/zenbun/index-pdf.html

1.誤答
65歳以上の精神障害者の割合は5%減っているのではなく、28.6%から33.8%へと上昇しています。

2.誤答
精神科初診時の年齢は、統合失調症では20歳未満が56.2%なのに対し統合失調症以外のうつ病等の疾患では20歳未満が29.3%なので「いずれの疾患も」というのは違っています。

3.誤答
外来の統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害のあるものの割合は18.7%(53.9万人)となっています。
なお入院では統合失調症型障害及び妄想性障害のあるものは半数以上を占めています。

4.正答
選択肢の説明通りです。

5.誤答
一人暮らしをしている人の割合は17.9%となっています。一方、家族と同居している人の割合は81.2%となり、精神障害者の多くが親や兄弟姉妹と暮らしています。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.誤答。5%上昇です。28.6%から33.8%となっています。

2.誤答。精神科初診時には認知症やうつ病の患者も多いのでもっと40歳以上の割合が大きくなります。

3.誤答。統合失調症は約20パーセントです。

4.正答。その通り。

5.誤答。精神障害者の約80パーセントは同居人がいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。