過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「福祉行財政と福祉計画」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 35
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 35
クリア
「市町村の権限に属する事務」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
介護保険における介護給付等に要する費用の適正化のための事業は、市町村が行うことができる。
 2 . 
母子福祉資金の貸付に関する審査及び決定は、市町村が行う。
 3 . 
要保護児童に対する児童福祉施設への入所等の措置は、市町村が行う。
 4 . 
発達障害の早期発見、専門的な発達支援等の業務は、市町村長が発達障害者支援センターに行わせ、又は自ら行うことができる。
 5 . 
障害児が指定障害児入所施設等に入所又は入院したときは、その保護者に対し、市町村が障害児入所給付費を支給する。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 福祉行財政と福祉計画 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は1です。
「都道府県と保険者が一体となって戦略的に取り組む」と法に書かれています。介護保険の保険者は市町村であるため、設問のとおりです。

他の選択肢については以下のとおりです。
2→母子福祉資金貸付金とは、母子家庭の母等が就労や児童の就学などで資金が必要になったときに都道府県、指定都市、または中核市から貸付を受けられるというものです。そのため、全ての市町村が行えるわけではありません。

3→市町村ではなく、都道府県が行います。

4→発達障害者支援法の第14条に都道府県知事とあります。

5→市町村ではなく、都道府県が行います。
評価後のアイコン
2015/03/22 22:40
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は1です。

1.介護保険法第115条に「市町村は、地域支援事業として、介護給付等に要する費用の適正化のための事業を行うことができる」旨が規定されています。

2.母子及び寡婦福祉法第13条に、市町村ではなく「都道府県」が行う旨が規定されています。

3.児童福祉法第27条に、市町村ではなく「都道府県」が行う旨が規定されています。

4.発達障害者支援法第14条に、市町村長ではなく「都道府県知事」が行う旨が規定されています。

5.児童福祉法第24条の2に、市町村ではなく「都道府県」が行う旨が規定されています。
評価後のアイコン
2016/03/29 20:42
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。