精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士 保健医療サービス の過去問 模試形式で出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 28
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 28
クリア

合格者一覧へ
事例を読んで、後期高齢者医療制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

〔事例〕
長い間農業に従事し、現在無職のDさん(80歳、男性)は、認知症を発症し、その治療のため精神科を、その他に耳鼻科、内科を受診している。 Dさんは年金以外の収入はなく、息子夫婦と孫と合わせて5人で生活しており、息子夫婦は共働きの民間企業のサラリーマンで、標準的な所得の家庭である。
 1 . 
Dさんは息子夫婦の被扶養者であるから、後期高齢者医療制度の保険料を負担しなくてよい。
 2 . 
Dさんが医療機関を受診すると、被扶養者なので一部負担金を3割支払うことになる。
 3 . 
Dさんのように治療が多岐にわたるなど、一部負担が一定額を超えた場合、後期高齢者医療制度の一部負担は高額療養費制度の対象となる。
 4 . 
Dさんが死亡しても、後期高齢者医療広域連合は葬祭の給付や葬祭費を支給することはない。
 5 . 
後期高齢者の療養給付には、食事の提供、光熱費や環境に関する生活療養も含む。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

この精神保健福祉士 過去問の解説(1件)

解説表示前マスク画像
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。