過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「第18回(平成27年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 162問 正解) 全問正解まであと162問
事例を読んで、成年後見人であるL社会福祉士の法的な権限に関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。

〔事 例〕
要介護2の認定を受けていたMさんの認知症が悪化したため、L社会福祉士が、Mさんの成年後見人に選任された。これまで、Mさんは長年住み慣れた借家で、訪問介護を利用し、独居生活を行ってきていたが、認知症の進行に伴って、ガスコンロの消し忘れでボヤをおこすなど、独居生活に不安がみられるようになっている。また、Mさんには白内障がある上、最近は体力も低下しており、体調をくずして家で寝込むことが多くなっている。
 1 . 
Mさんの意思に反していても、介護保険施設に強制的に入所させることができる。
 2 . 
Mさんの同意があれば、家庭裁判所の許可なく借家契約を解約できる。
 3 . 
Mさんの状態の変化を理由に、要介護度の区分変更を申請できる。
 4 . 
Mさんの白内障の手術のために、医療同意権を行使することができる。
 5 . 
Mさんの預金を下ろして、過熱防止などの安全装置付ガスコンロに買い替えることができる。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 権利擁護と成年後見制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は3、5です。

1.介護保険施設への強制的な入所については、虐待などの理由により、高齢者の生命や身体に関わる危険性が高く、放置しておくと重大な結果を招くことが予測される場合に、老人福祉法に基づいて市町村が「やむを得ない事由による措置」がとる可能性がありますが、成年後見人である社会福祉士の法的な権限としては、適切とはいえません。

2.借家契約の解約には家庭裁判所の許可が必要です。

3.Mさんの状態の変化を理由に、要介護度の区分変更を申請することは、成年後見人である社会福祉士の法的な権限として適切です。

4.後見人には医療同意権はありません。

5.Mさんの預金を下ろして、過熱防止などの安全装置付ガスコンロに買い替えることは、事例の内容から身上監護のための適切な対応といえます。
評価後のアイコン
2017/09/24 10:25
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3と5です。

1:本人に自傷や自殺企図の恐れがある、虐待されているなどの理由で生命の危険があるのでしたら、強制入院、強制入所の必要性もありますが、そうでなければ本人の意思を尊重することが大切であり強制的な入所は望ましくありません。よって誤りです。

2:Mさんの同意があっても、成年後見人が借家契約を解約するためには、家庭裁判所の許可が必要です。よって誤りです。

3:Mさんの状態の変化に配慮して要介護度の区分変更の申請を行うことは適切ですので正解です。
成年後見人の業務は大きく分けると財産管理業務と身上監護業務がありますが、身上監護としての被後見人の要介護状況に配慮した支援は大切な業務です。

4:後見人には、医療同意権はありませんので、Mさんの白内障手術の同意書へのサイン等はできません。よって誤りです。

5:Mさんの預金を下ろして、過熱防止などの安全装置付きガスコンロに買い替えることは、ボヤなどの発生からMさんを守る適切な身上監護となります。
よって正解です。
評価後のアイコン
2018/05/04 14:21
ID : kmnzragw
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。