過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「第20回(平成29年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 163問 正解) 全問正解まであと163問
次の事例を読んで、問題に答えなさい。

〔 事例 〕
Hさん( 50歳、男性 )は、統合失調症の診断を受けており、4年前にV精神科病院に3回目の入院をした。入院前、母親と二人暮らしをしていたが、入院して間もない頃、母親は病死した。Hさんの病状は安定しており、V精神科病院のJ精神保健福祉士は、何度かHさんに退院の話を持ち掛けたが、当初はHさんは関心がない様子だった。
ある日、Hさんは、J精神保健福祉士に勧められて、「退院者の集い」に参加し、来院した一人暮らしをしているKさんと出会った。Kさんが生き生きと語る地域生活の体験談に強く興味をひかれたHさんは、J精神保健福祉士に、自分も退院して一人暮らしがしてみたいと相談した。
その後、Hさんの主治医などとも話合いを重ね、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく手続を行い、地域移行支援の利用が決定した。
W機関の職員であるLさん( 相談支援専門員、精神保健福祉士 )は、Hさんの希望を聞き、体験宿泊での一人暮らしの練習や事業所の見学などを盛り込んだ地域移行支援計画案を作成した。

宿泊体験などを通して、Hさんは、一人暮らしに関する具体的なイメージが持てるようになった。一人暮らしへの準備は順調に進んでいたが、貴重品の管理だけは、Hさんにとって心配の種だった。通院などで外出している間も、置いてきた生活費や通帳、印鑑が盗まれないか不安になり、外出時に持参しても、確かに持っているのか何度も確認しなければならず、気が休まらなかった。Hさんから、信頼できる人に貴重品を預けたいと相談を受けたLさんは、Hさんに対応する事業を紹介した。

Hさんは、一人暮らしが落ち着いた後、無理のない範囲で働きたいと思うようになった。Hさんは、見学した事業所の中でもX事業所の運営する喫茶店が気になっていた。雇用契約を結ばず最低賃金が保障されないのは残念だが、期間の定めもなく、体調に応じて柔軟に働けるところに魅力を感じていた。

次のうち、Hさんが気になったX事業所の事業として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
地域障害者就労支援事業
 2 . 
地域生活定着促進事業
 3 . 
就労継続支援事業( A型 )
 4 . 
就労継続支援事業( B型 )
 5 . 
就労移行支援事業
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 権利擁護と成年後見制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。