過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「現代社会と福祉」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 40問 正解) 全問正解まであと40問
「平成24年版働く女性の実情」(厚生労働省)に示された家族を介護する者の仕事と介護の両立の状況と課題に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
雇用者総数に占める介護をしている者の年齢階級別割合は、「45~49歳」が最も高い。
 2 . 
介護をしている雇用者のうち介護休業を取得した人の割合は、男性より女性の方が高い。
 3 . 
仕事と介護の両立のために勤務先に希望する支援として、「出社・退社時刻を自分の都合で変えられる仕組み」と「残業をなくす・減らす仕組み」の割合が高い。
 4 . 
介護をしている雇用者のうち介護休暇を取得した人の割合は、5割を超えている。
 5 . 
家族の介護等を理由とする離職者数は、男性が女性より多い。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は3です。

1.雇用者総数に占める介護をしている者の年齢階級別割合は、「55~59歳」が最も高くなっています。

2.介護をしている雇用者のうち介護休業を取得した人の割合は、女性より男性の方が高くなっています。

3.仕事と介護の両立のために勤務先に希望する支援として、「出社・退社時刻を自分の都合で変えられる仕組み」と「残業をなくす・減らす仕組み」の割合が高くなっています。

4.介護をしている雇用者のうち介護休暇を取得した人の割合は、3.2%に過ぎません。

5.家族の介護等を理由とする離職者数は、女性が男性より多くなっています。
評価後のアイコン
2017/11/18 20:10
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。