過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「現代社会と福祉」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 47問 正解) 全問正解まであと47問
民生委員制度に収斂されることになる戦前の方面委員等の仕組み( 以下、「方面委員制度」という。 )に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
「方面委員制度」は、イギリスの慈善組織協会( COS )よりも早く始まっていた。
 2 . 
「方面委員制度」は、方面委員令によって創設された。
 3 . 
「方面委員制度」は、恤救規則を実施するための補助機関とされた。
 4 . 
岡山県済世顧問制度に続き、大阪府で方面委員制度が設置された。
 5 . 
大阪府の方面委員制度は、河上肇を中心に立案された。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(1件)

評価する
2
評価しない
正答は「4」です。

ドイツのエバーフェルトシステムに倣って、1917(大正6)年に岡山県知事の笹井信一が、地域の貧民の相談にのる防貧制度として、済世顧問制度を作りました。同じくエバーフェルトシステムに倣って1918(大正7)年に大阪府知事の林市蔵と政治顧問の小河滋次郎が低所得者層の救済を目的とする方面委員制度を作りました。これらが現在の民生委員の前身となりました。

1. イギリスのcosが発足したのは1869年、19世紀の末です。

2. 方面委員は、各戸に募金を呼び掛けてまわる草の根運動から始まりました。それが拡がり自治体や社寺などに方面委員助成会連合会の支部が組織されました。その後、1936(昭和11)年に方面委員令が制定されたことで全国組織として確立することになります。

3. 救護法(1932、昭和7年)を実施するための市町村長の補助機関として活動しました。恤救規則は1874(明治7)年~1931(昭和6)年です。

4. 正解です。

5. 大阪府知事の林市蔵と政治顧問の小河滋次郎により作られました。河上肇は1916(大正5)年から朝日新聞にて『貧乏物語』を執筆して貧困の現状を訴えました。
評価後のアイコン
2018/07/01 20:36
ID : btcjskex
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。