過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「現代社会と福祉」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 80問 正解) 全問正解まであと80問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
次のうち、働き方改革とも関連する「労働施策総合推進法」の内容の説明として、適切なものを2つ選びなさい。
(注)「労働施策総合推進法」とは、「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」(旧雇用対策法)のことである。
   1 .
国は、日本人の雇用確保のため不法に就労する外国人への取締りを強化しなければならない。
   2 .
国は、子を養育する者が離職して家庭生活に専念することを支援する施策を充実しなければならない。
   3 .
事業主は、職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されることのないよう、必要な措置を講じなければならない。
   4 .
国は、労働者が生活に必要な給与を確保できるよう労働時間の延長を容易にする施策を充実しなければならない。
   5 .
事業主は、事業規模の縮小等に伴い離職を余儀なくされる労働者について、求職活動に対する援助その他の再就職の援助を行うよう努めなければならない。
( 第23回(令和2年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 問31 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない

この問題は「労働施策総合推進法」の内容の詳細を問う問題です。

1→✕ 不法に就労する外国人への取締りを強化しなければならないのは入管法の内容の為誤答となります。

2→✕ 国は子を養育する者が離職して家庭生活に専念することを支援する施策を充実する為の努力義務があります。よって義務ではない為誤答となります。

3→〇 問題文の通りです。

4→✕ 国は、労働者が生活に必要な給与を確保できるよう労働時間の延長を容易にする施策を充実する努力義務があります。よって義務ではない為誤答となります。

5→〇 問題文の通りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解は3・5です。

3→第30条にあるパワーハラスメントについての説明です。

5→第6条2項にて記されており、これは事業主の責務です。

各選択肢については以下のとおりです。

1→外国人の不法就労は入管法に違反し、罰則を受けることとなります。

2→国は、子を養育する者が、仕事と家庭を両立できるよう支援する施策を充実させなければならないため誤りです。

4→国は、労働時間の短縮など労働環境を改善する施策を充実させなければならないとされています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。