過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「社会保障」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 35問 正解) 全問正解まであと35問
児童手当、児童扶養手当に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
児童手当の支給対象となる児童の年齢は、12歳到達後の最初の年度末までである。
 2 . 
児童手当の費用は、国と地方自治体が50%ずつ負担している。
 3 . 
児童手当の支給額には、物価スライド制が適用されている。
 4 . 
児童扶養手当の費用は、国が全額負担する。
 5 . 
児童扶養手当の支給対象となる児童の年齢は、障害がない子どもの場合、18歳到達後最初の年度末までである。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
6
評価しない
児童手当は児童を持つ家庭が受けることが出来る手当であり、児童扶養手当は、主としてひとり親家庭を援助するための手当てです。
×1 . 児童手当の支給対象となる期間は、中学校修了の三月末までです。

×2 . 児童手当の費用は、国と地方自治体と保護者を雇用する事業主(被用者の場合)が負担し、親が無職の場合は全額公費負担となります。

×3 .児童手当の支給額には、政府の方針により決定され、物価スライド制は適用されていません。

×4 . 児童扶養手当の費用は、国と都道府県、市または福祉事務所を設置する町村が負担しています。

〇5 .児童扶養手当の支給対象となる児童の年齢は、障害がない子どもの場合、18歳到達後最初の年度末までとなります。

評価後のアイコン
2018/07/11 23:15
ID : xjyawcqh
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5になります。
児童扶養手当はひとり親家庭の児童の養育者を対象に支給されますが、その児童とは18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童または20歳未満の障がいを有する児童をいいます。

1 児童手当は中学校修了までの児童の保護者を対象に支給されます。

2 児童手当の費用は、国が3分の2、都道府県・市町村が6分の1ずつ負担することとなっています。

3 児童手当の支給額は物価によって変動するわけではないので、物価スライド制ではありません。

4 児童扶養手当の費用は国が3分の1、都道府県と市が3分の2を負担することとなっています。
評価後のアイコン
2018/11/02 14:54
ID : nqyfwothcg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。