過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士「権利擁護と成年後見制度」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 42問 正解) 全問正解まであと42問
児童福祉法と「児童虐待防止法」に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
(注)「児童虐待防止法」とは、「児童虐待の防止等に関する法律」のことである。
 1 . 
児童虐待の通告義務に違反すると刑罰の対象となる。
 2 . 
立入調査には裁判所の令状が必要である。
 3 . 
親権者の意に反し、2か月を超えて一時保護を行うには、家庭裁判所の承認が必要である。
 4 . 
本人と同居していない者が保護者に該当することはない。
 5 . 
児童虐待には、保護者がわいせつな行為をさせることは含まれない。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 権利擁護と成年後見制度 )

この過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。